【鬼滅の刃】5巻のネタバレ、あらすじ。感想と考察

【鬼滅の刃】5巻のネタバレ、あらすじを紹介します。

※この先ネタバレを含みますので知りたくない方はご注意ください。

【鬼滅の刃】5巻のネタバレ、あらすじ

時は大正。

炭を売る少年・炭治郎は、ある日家族を失い、妹の禰豆子は鬼に変貌する。妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!!

鬼殺隊となった炭治郎は任務中、鬼舞辻と敵対している鬼・珠世と愈史郎から禰豆子を人間に戻す手がかりを得る。

新たな任務で同期・我妻善逸や嘴平伊之助と共に那田蜘蛛山に向かった炭治郎。そこでは蜘蛛の鬼によって鬼殺隊が壊滅状態に陥っていた!

お互いを家族と言う、異質な鬼の集団。父さんと呼ばれた鬼が炭治郎と伊之助に襲い掛かり⁉

引用元:吾峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃コミック15巻

【鬼滅の刃】コミック5巻のみどころ

  • 十二鬼月の累の強さ
  • 父が舞っていたヒノカミ神楽で鬼を斬る
  • 禰豆子の血が燃える!血鬼術・爆血
  • 柱・冨岡義勇の力は桁違い
  • 柱・胡蝶しのぶは、実はすごい人なんですよ

第35話【散り散り】

蜘蛛の顔に7つの目を持つ、父親鬼は身体はとても固く炭治郎も伊之助も、日輪刀を振り回しても斬ることが出来ません。

炭治郎は大きな木を切り倒し、鬼の身体を抑え込むことにしました

動きを封じ鬼の頸を斬ろうと日輪刀を振りかざし飛びかかります。

しかし父親鬼はその大きな木を掴むと、バットのように炭治郎めがけて振り回すと、炭治郎はボールのように遠くに飛ばされてしまいました。

炭治郎は冷静に刀の塚で受けて衝撃を吸収したので、大打撃は受けなかったものの、飛ばされることを避けることは出来ません。

その場に残る伊之助に「俺が戻るまで絶対に死ぬな!そいつは十二鬼月だ!」と叫び、遠くに飛ばされて行きました。

一方、兄蜘蛛鬼の毒にやられた善逸は、毒がまわり動けなくなっていました。

そこに、どこからか、飛んできた蝶のようにふわりと女性が降り立ちました。

女性は鬼殺隊の柱、胡蝶しのぶです。

「大丈夫ですか?」と善逸に微笑みました。

山の中へ飛ばされた炭治郎は、技を繰り出して何とか着地できました。

そこには、鬼の少年の累と、女の子の鬼がいました。

悲鳴をあげて顔を押さえる女の子の鬼。

累は炭治郎を見ると言いました。

「見せ物じゃないんだけど」

第36話【これはやべぇ】

女の子の鬼は、累の姉でした。

累は姉の顔を切りつけているようでした。

炭治郎はその様子を見て、思わず声を荒げます。

「何してるんだ!仲間じゃないのか!?」

累は「仲間なんてうすっぺらいものと一緒にするな。僕たちは家族で深い絆で結ばれているんだ」と言います。

そして「家族の問題に口出しするなら刻む」と脅してきました。

それを聞いた炭治郎は「家族も仲間も強い絆だ。絆は信頼の匂いがするが、お前たちからは恐怖と憎しみと嫌悪の匂いしかしない。こんなものは絆とは言わない、偽物だ!」と言い返しました。

姉鬼は青ざめ、累は無言で固まりました。

そこに、通りすがりの鬼殺隊員が1人現れました。

「ちょうどいい鬼がいるな。こいつを倒して下山だ!」と斬りかかります。

炭治郎の抑制を聞かずに累に斬りかかった鬼殺隊は、累によって振り返ることもせずにラバラの肉片に切り刻まれてしまいました。

累は、炭治郎の言葉で激昂していました。

「お前、何て言ったの?」

炭治郎は、伊之助の身を案じながら累に答えました。

「何度でも言ってやる。偽物の絆だ!!」

その頃、伊之助は強い父親鬼に1人で挑むことになり、木に隠れ息を整えていました。

「炭治郎が来るまで持ちこたえなくては・・・」と考えましたが、怖いものなしだった自分がそんな発想をしたことに腹を立てると、2本の日輪刀で力ずくで父親鬼の腕を斬り落とします。

「しゃァア!最強!」と喜ぶ伊之助に、父親鬼は逃げ出し木の上に避難しました。

伊之助に怯えて震えていると思った父親鬼は、なんと身体と震わせながら脱皮したのです。

そして更に巨大な身体に獰猛な牙をむき、伊之助の前に降り立ちました。

第37話【折れた刀身】

ありにも巨大になった父親鬼に対峙し、伊之助は死を覚悟しました。

しかし、藤の花の家紋の家でおばあさんが「どのような時も誇り高く生きてください」と言ったこと、炭治郎がかけた「俺が戻るまで死ぬな!」という言葉を思い出すと、伊之助は父親鬼に挑みます。

しかし、巨大化した父親鬼はあまりに強すぎました。

伊之助の2本の日輪刀は折れ、受け身も取れず父親鬼に首を掴まれてしまいます。

伊之助は最後の力を振り絞り折れた日輪刀を父親鬼の喉に突き刺しますが、刀をそれ以上動かすことは出来ません。

そして頸椎を握りつぶされる直前、誰か分からない女性が「伊之助、ごめんね」と言う姿が脳裏に浮かびました。

藤の花の家紋の家のおばあさん、善逸、炭治郎の姿を思い出し、誰か分からない女性の姿を思い出し・・・それは走馬灯でした。

その時、ドン!と父親鬼の腕が斬り落とされました。

鬼殺隊の柱の冨岡義勇が駆けつけたのです。

すさまじい速さで放つ水の呼吸の技で、父親鬼を軽々と斬り倒した冨岡に、伊之助は「すげえ!格の違う一太刀の威力だ!!」とワクワクが止まりません。

一方、炭治郎は、累と対峙していました。

「お前はズタズタに切り刻んでやる。さっきの言葉を取り消せば一息で殺してやるけどね」と言う累に「取り消さない!間違っているのはお前だ」と炭治郎は引きません。

刺激臭が薄まったことで匂いが分かるようになってきた炭治郎は、水の呼吸の技を繰り出そうとしますが、累が放った糸で日輪刀を折られてしまいました。

第38話【本物と偽物】

冨岡の強さに大興奮の伊之助は「俺と勝負しろ!十二鬼月に勝ったお前に俺が勝つと、俺が一番強い!」と勝負を挑みます。

冨岡は伊之助を相手にせず「自分の怪我の程度も分からないやつは戦から降りろ」と伊之助を縄で縛りあげ木に吊るすと、立ち去ってしまいました。

累と闘う炭治郎は日輪刀も折られ、父親鬼よりも固い累の糸に全く歯が立ちません。

累の糸を避けきることができず、刻まれそうになったその瞬間、禰豆子が箱から飛び出してその身で炭治郎を庇い守ってくれました。

「禰豆子!お兄ちゃんを庇って・・・ごめんな」と禰豆子に駆け寄る2人を驚いて見た累は「兄妹か・・・?これが本物の絆!欲しい!」と震えながら感動します。

そして「ぼうや、話をしよう。妹を僕に頂戴。そしたら命だけは助けてやる。」と持ち掛けてきました。

「恐怖で絆を作るから」という累に、炭治郎は「ふざけるのも大概にしろ!!」と怒り「禰豆子は物じゃない!渡さない!そんなものは絆とは言わない!」と拒絶しました。

累は「お前とは合わないね、うっとうしいから大声を出すな。それなら殺して取るだけだ」と静かに言いました。

そして「俺が先に斬る」という炭治郎に「できるならやってごらん」と、前髪を掻きあげ「下弦の伍」と刻まれた目を見せて笑うと言いました。

「十二鬼月である僕に勝てるならね」

第39話【走馬灯の中】

累は「家族はそれぞれ役割を持つんだ。役割を果たせない奴は要らない。お前の役割は妹を渡して消えることだよ」と言います。

十二鬼月の累に対峙して、炭治郎は、日輪刀も折れどう闘うかを必死に考えました。

そんな炭治郎から、累はあっさり禰豆子を奪ってしまいます。

炭治郎は禰豆子を取り戻そうと累に向かっていきますが、累の顔を爪で傷つけた禰豆子は累の糸で身体を空中に吊るされてしまいました。

従順にならない禰豆子に対し累は「分かるまで失血させ、それでもだめなら日で少し炙る」と言います。

禰豆子は血が流し、眠ってしまいました。

炭治郎は怒る気持ちを押さえ集中し呼吸を整えると、水の呼吸の最後の型「拾の型 生生流転」を繰り出します。

この型は連撃技で、回を重ねるごとに回転で威力が増していくのです。

ようやく累の糸を切る事に成功しますが、累は更に強い糸を放ち炭治郎を捕らえようとします。

逃げることも出来ず切れそうもない強力な糸に炭治郎は死を悟ると走馬灯を見ました。

すると、幼いころからの様々な記憶と共に思い浮かんだ亡き父が、穏やかな笑顔で「呼吸だ。息を整えてヒノカミ様になりきるんだ」と言いました。

第40話【ヒノカミ】

炭治郎の父は、いつも年の初めには「ヒノカミ神楽」という舞いを踊っていました。

火を扱う仕事をするので、怪我や災いが起きないようヒノカミ様に祈りを捧げるのだと、母が教えてくれました。

父は身体が弱かったのに、雪降る極寒の中で何時間も舞い続けていました。

どうしてそんなことができるのかと尋ねると、父は「呼吸が大切なんだ」と教えてくれました。

「呼吸の仕方で何時間も舞い続けれる。炭治郎も正しい呼吸ができるようになればずっと舞えるよ」と。

「この神楽と耳飾りだけは途切れることなく継承していって欲しい。約束なんだ」と父は炭治郎に話していました。

炭治郎は、ヒノカミ神楽・円舞を放つと累の糸を斬りました。

水の呼吸からヒノカミ神楽の呼吸に無理やり変更したことで炭治郎の身体にはかなり負担がかります。

きっとこの後動けなくなるだろうと覚悟しながら、炭治郎は初めて見えた累の隙の糸に、相打ちを覚悟しながら折れた日輪刀で累に斬りかかりました。

気を失ったように眠る禰豆子の脳裏には母の姿が浮かびました。

「起きて禰豆子。お兄ちゃんまで死んでしまうわよ」

すると、禰豆子は目をカッと開き、血鬼術・爆血を放ちました。

禰豆子の血が燃えます。

累の糸は焼き切れ、炭治郎の日輪刀に付着した禰豆子の血が爆ぜて日輪刀は加速しました。

炭治郎は燃える日輪刀を振り抜き、累の頸は宙を舞いました。

第41話【胡蝶しのぶ】

累の姉の鬼は、山の中を走っていました。

蜘蛛鬼の家族は、血のつながりのない寄せ集めた鬼で作った偽物の家族でした。

鬼狩りが怖くて仲間が欲しかったのです。

家族はみな累の力を分けてもらい、元の顔を捨て累の顔に似せていました。

累は無惨のお気に入りだったのでそういうことが許されていたのです。

家族ごっこは、弱い鬼たちが累の希望に合わせて命令に従っていたのです。

姉役の鬼は鬼殺隊員に遭遇しました。

手から糸を出すと、溶解の繭を放ち、隊員を繭の中にを閉じ込めました。

そんな姉役の鬼に、突如背後から「わあ。凄いですね。手の平から糸を出しているんですか?」と柱の胡蝶しのぶが話しかけました。

突然音もなく現れた胡蝶しのぶに驚いた姉役の鬼は、すかさず繭糸でしのぶに攻撃をしますが、しのぶはひらひらと舞うように攻撃を交わします。

しのぶは微笑みを浮かべ穏やかな口調ですが、累と同じような死を感じさせる息の詰まる圧迫感だと姉鬼は思いました。

とっさに姉役の鬼は「私は命令されているだけだから助けて」と助けを求めました。

しのぶは「いいですよ、仲良くしましょう」と微笑むと「では質問です。可愛いお嬢さん。あなたは何人殺しましたか?」と尋ねました。

姉役の鬼は「仕方なく、5人だけ」と言います。

しかし「術さばきも見事だし来た方向でたくさんの繭玉を見てきましたよ」というしのぶは「人を殺した分だけ拷問を受けて、耐え抜いた時にあなたの罪は許されます」と微笑みます。

姉役の鬼は怒り、しのぶに攻撃をします。

しのぶは「仲良くするのは無理なようですね」と「蟲の呼吸・蝶ノ舞」で姉役の鬼を刺しました。

しのぶの日輪刀はとても細く、姉役の鬼も頸が斬られていないので勝てると思いましたが、急に姉役の鬼の身体は脈が速くなり地面に倒れました。

胡蝶しのぶは「私は唯一、鬼を殺せる毒を作ったすごい人なんですよ。あ、もう死んでましたね。失礼しました」とお茶目に笑いました。

第42話【後ろ】

しのぶは繭玉の中から鬼殺隊員を助け出しました。

繭玉の中で隊服は溶かされてしまっていましたが、隊員自身は無事だったようです。

その頃、炭治郎は水の呼吸やヒノカミ神楽の呼吸を乱発させたので身体が動かなくなっていました。

疲労で眼も見えなくなりながら、禰豆子の無事を確認しようと這いつくばって進んでいたそのとき、急に血の匂いが濃くなってきたのです。

炭治郎の背後には頸のない累が立っていました。

そして糸で吊るされた累の頭が現れ「僕に勝ったと思ったの?自分の糸で頸を切ったんだよ。お前に斬られるより先に」と言い、頭と身体をつなげるのです。

累は「こんなに腹が立ったのは久しぶりだよ」と怒りを表し、改めて炭治郎と禰豆子を殺そうとします。

「血気術・殺目篭」で糸の篭で炭治郎を刻もうとしたとき、突然、累の糸が斬られてパラパラと落ちました。

斬ったのは鬼殺隊の柱・冨岡義勇でした。

累は義勇に「血気術・刻糸輪転」を放ちます。

義勇は「水の呼吸・拾壱ノ型 凪」で糸を斬ると、累の頸を斬り落としました。

累は頸を斬られ頭を落としながら、炭治郎と禰豆子をにらみつけます。

すると、さまざまな記憶が脳裏を走り、人間だったころのこと、自分の欲しかったものを思い出し始めました。

第43話【地獄へ】

累は人間だったころのことを思い出しました。

累は生まれつき体が弱く、外で遊ぶこともできませんでした。

そこに鬼舞辻無惨が現れ、累は強い身体を手に入れました。

しかし、鬼となった息子のことを両親は喜びませんでした。

父は人を殺してしまった累を殺し自分たちも一緒に死のうとしました。

しかし、殺されそうになった怒りで累は両親を殺してしまいます。

その後、怒りが収まり、両親の真意を理解した時にはすでに2人は息絶えており、本物の絆を自分の手で断ち切ってしまったのだと激しく後悔しました。

無惨はそんな累に「お前のすべてを受け入れなかった親が悪いのだ。強さを誇れ」と言い、累はあまりの辛さにそう考えるしかありませんでした。

しかし、父と母が恋しくて仕方のない累は、偽りの家族ごっこを始めました。

頸を斬られた累の身体は崩れ始めますが、その身体からは抱えきれない程の大きな悲しみの匂いがしました。

炭治郎は累の背中にそっと手を当てます。

その炭治郎の手の平から陽だまりのような優しさを感じ取った累は、自分の気持ちを思い出し両親に謝ります。

「ごめんなさい。全部僕が悪かったんだ。許してほしい。でも人を殺してしまった僕は一緒の所へはいけないよね・・・」心の中の両親は「一緒に地獄にでもついていくよ」と言い累を抱きしめてくれました。

「子供でも鬼は化け物だ。情けをかけるな」という冨岡に、炭治郎は「鬼は人を殺すので容赦なく刀を振るいます。でも鬼であることを苦しみ、悔いている者を踏みつけにはしない!鬼は人間だったんだから。鬼は虚しく悲しい生き物だ」と言いました。

そこに突然現れ襲い掛かってきたのは胡蝶しのぶです。

冨岡が庇わなければ禰豆子はしのぶに斬られていました。

しのぶは笑みを浮かべて言いました。

「何で邪魔するんですか?冨岡さん。鬼とは仲良くできなんじゃんなかったんですか?そんなだから皆に嫌われるんですよ」

【鬼滅の刃】5巻を読んだ感想と考察

十二鬼月の累、めちゃめちゃ強くて、十二鬼月を名乗った時のアップの絵は、漫画ながらおそろしい迫力でした。

この那田蜘蛛山編、特に炭治郎と累の戦いのシーンは、アニメでもヒノカミ神楽や爆血がものすごい綺麗で迫力のあるシーンになり、鬼滅の刃がここまでの人気になるきっかけにもなったようですね。

累の家族ごっこは悲しい背景がありましたが、炭治郎の優しさに救われました。

子どもだったんですね。

無惨は本当に罪深いです。

みんな人生を狂わされています。

そしてあんな強すぎる累をいとも簡単に倒してしまう柱。

冨岡義勇の凪はすごいですね。

自分で生み出した型だそうですよ。

柱はやっぱり別格なんですね。

あまりの強さに、力比べがしたくなってワクワクが止まらなくなった伊之助も可愛かったです。

けが人だったのに無謀だから木に縛り上げられてしまいましたが。

冨岡さん、ナイス判断です。

炭治郎のヒノカミ神楽、父が教えてくれた呼吸の大切さや、耳飾りも継承していくものということで、これは何か大きな謎が隠されていそうですね。

炭治郎も禰豆子も無事でよかったです。

胡蝶しのぶも穏やかながら毒舌で、柱なので実力もすごいようですね。

今後どんどん更に盛り上がりそうな予感です!!

まとめ

炭治郎は父親鬼の振り回す大木で遠くまで飛ばされ、着地しところには少年の鬼、累がいました。

累は姉鬼の顔に怪我をさせていたので炭治郎が「仲間じゃないのか!?」と責めると「僕たちは家族で深い絆がある」と言います。

「恐怖と憎しみの匂いしか感じないから、そんなのは偽物の絆だ」と言う炭治郎に累は激昂し、襲い掛かります。

十二鬼月である累の力は強く、累が放つ糸は日輪刀を折ってしまいました。

糸から逃れることが出来ず、炭治郎が刻まれそうになりますが、禰豆子が箱から飛び出し体を張って炭治郎を守りました。

その様子に「兄妹の本物の絆だ!」と感動した累は、炭治郎に「妹をくれたら命だけは許してやる。恐怖で絆を作るから妹をよこせ」と言うのです。

炭治郎が累の交渉に応じないので、累は炭治郎から無理やり禰豆子を奪うと、糸で宙に吊るし手足を糸で切りつけ出血させました。

禰豆子は気を失うように眠り、炭治郎は累にやられそうになりますが、走馬灯で亡き父が舞っていたヒノカミ神楽を思い出します。

「呼吸の仕方があって、ちゃんと正しくやれば踊り続けられるんだ」と父は言っていました。

炭治郎は折れた日輪刀でヒノカミ神楽を放つと、累の強力な糸も斬ることが出来ました。

禰豆子は亡き母に「炭治郎を助けて」と起こされ、血気術・爆血を放つと、炭治郎のヒノカミ神楽と合わさり累の糸を焼き切り、累の頸は宙を舞いました。

炭治郎に斬られる前に累は自分の糸で頸を切り、死んではいませんでしたが、柱の冨岡義勇が現れ、累の頸を斬りました。

伊之助は父親鬼にやられそうなところを冨岡義勇に助けられ、姉鬼は胡蝶しのぶに倒されました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました