竈門炭治郎の祖先、炭吉とは?縁壱や日の呼吸との関係について

未分類

鬼滅の刃の終盤、竈門炭治郎が祖先の夢(記憶のようなもの)を見る場面が存在します。

祖先は日の呼吸の使い手と出会い、その呼吸を伝えられる事になりました。

炭治郎は無惨と戦い、絶体絶命の儒教に追い込まれたときにその記憶を子孫として垣間見る事になったのです。

今回は炭治郎の祖先と日の呼吸の関係についてをまとめていきたいと思います。

竈門炭治郎の祖先、炭吉とは?

炭治郎の祖先は竈門炭吉(かまどすみよし)です。

炭吉は炭治郎によく似ていて、炭焼きで生計を立てている働き者の男性でした。

妻のすやこ、そして子供たちと暮らす彼はごくごく普通の人間です。

炭治郎は夢の中で炭吉の視点でものを見ることになりました。

このときには炭治郎の意思で行動することはできず、過去の出来事を炭吉の見たものを見るのみでした。

継国縁壱との出会い

炭吉は炭治郎の見た夢の中で継国縁壱と出逢います。

この時にはすでに見知った中という様子で話をしていました。

また詳細は定かではありませんが、縁壱に対して「命の恩人」と感謝しています。

おそらく炭吉は縁壱によって鬼から救われたことがあるのでしょう。

炭吉の元を訪れ滞在していた縁壱は穏やかで、優しい人物でした。

二人は友人関係をしっかりと築いていたようで、親しげにしています。

炭吉の妻であるすやことも同様に話をしていて、竈門家と縁壱はいい関係を築いていたと言えそうです。

日の呼吸はヒノカミ神楽

鬼舞辻無惨に日の呼吸を絶やされそうになっている中、縁壱は竈門家の人々との交流によって癒されていきました。

そして縁壱は母からもらった耳飾りとともに日の呼吸をヒノカミ神楽として炭吉に継承することに決めます。

何度も何度も日の呼吸の動きを舞のように見せ続け、炭吉もまたそれをきちんと受け取りました。

縁壱は全てを伝え切ってから竈門家を去り、彼らが会うことはありませんでした。

竈門家に伝わり受け継がれる

炭吉の頃から受け継がれ、炭十郎そして炭治郎へと受け継がれていきます。

ついには悲願である鬼舞辻無惨を討ち倒すため、炭治郎の手によってふるわれる事になりました。

まとめ

炭治郎の祖先である炭吉が縁壱と出会い関わることが全てにつながっていたと言っても過言ではありません。

日の呼吸をヒノカミ神楽として継承していくことができたからこそ、炭治郎が鬼殺隊とともに目的を果たすことに成功したのです。

この結果に至るためには必要なことだったといえるでしょう。

最後までお読みいただきあありがとうございました。

この記事を書いた人

【鬼滅の刃】アニメ・漫画を見る!

U-NEXT~日本最大級の動画サービス~
今なら31日間無料トライアル実施中!

未分類
鬼滅なび

コメント

タイトルとURLをコピーしました