【鬼滅の刃】14巻のネタバレ、あらすじ。感想と考察

【鬼滅の刃】14巻のネタバレ、あらすじを紹介します。

※この先ネタバレを含みますので知りたくない方はご注意ください。

【鬼滅の刃】14巻のネタバレ、あらすじ

あらすじ

時は大正。

炭を売る少年・炭治郎は、ある日家族を失い、妹の禰豆子は鬼に変貌する。

妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!!

鬼殺隊となった炭治郎は任務中、鬼舞辻と敵対している鬼・珠世と愈史郎から禰豆子を人間に戻す手がかりを得る。

新たな刀を求め、隠れ里である刀鍛冶の里を訪れた炭治郎。

しかし里は、上弦の鬼の半天狗と玉壺に侵入され、襲われてしまう。

炭治郎と同じく、里を訪れていた玄弥や恋柱の甘露寺、霞柱の時透と共に戦う炭治郎達。

だが上弦の鬼の二人は強く…⁉

引用元:吾峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃コミック14巻

【鬼滅の刃】コミック14巻のみどころ

  • 半天狗から派生した4体の鬼が合体
  • 新たに憎珀天という鬼が登場
  • 甘露寺密璃が駆けつける!
  • 時透は過去を思い出し、玉壺の頸を斬る

第116話【極悪人】

炭治郎の刀が半天狗の頸を斬ろうとすると、半天狗は大きな叫び声をあげました。

そこに、嗅いだことのない匂いの鬼が突然気配を現します。

半天狗の頸が固くなり炭治郎の刀は押し戻されてしまいます。

背後から新しい鬼が攻撃してきて、炭治郎は禰豆子に助けられます。

新しく現れた鬼は、喜怒哀楽の鬼4体が合体したもので、ものすごい威圧感を放っていました。

半天狗は追い込まれるほど力を発揮して強くなる鬼だったのです。

新しく生み出された鬼は、半天狗にとって都合のいい存在であり、半天狗を弱き者だといい、炭治郎たちを悪人扱いします。

200人以上の大勢を犠牲にしながら被害者ぶる半天狗に、炭治郎は怒りを滲ませました。

第117話【刀鍛冶】

時透無一郎は、玉壺の鉢に囚われていました。

体内に残る空気で、最後の一撃を放ってみましたが、脱出することはできません。

諦めかけた時透でしたが、少しずつ昔の記憶を思い出してきました。

玉壺はあばら屋に侵入しました。

あばら屋では、鋼鐵塚が刀に心頭しながら研ぎ続けていました。

その集中力はすさまじく、玉壺の存在にも目もくれないほどです。

その姿に対して玉壺は、芸術家として負けている感じがして、殺すことは簡単だがその前に集中力を削いでやろうと躍起になります。

玉壺は金魚型の鬼を出し鋼鐵塚を襲わせました。

しかしいくら怪我をしようと、鋼鐵塚は研ぐ手は止まりません。

時透はいよいよ体内の空気もなくなり視界が薄れて死を覚悟します。

そんな中、時透が捕えられた鉢を必死に壊そうとする小鉄の姿が見えました。

小鉄は金魚の鬼に襲われながら、空気を時透に分け与えてくれました。

時透は、霞の呼吸で鉢を斬り刻むと、脱出に成功しました。

第118話【無一郎の無】

脱出した時透は、鬼を倒して小鉄の元へ駆けつけました。

小鉄は怪我を負っていましたが、鋼鐵塚と刀の元へ急いでほしいと言うのです。

時透は忘れていた過去の記憶を取り戻しました。

時透は、10歳の頃に両親が死んで、11歳まで双子の兄「有一郎」と2人で暮らしていました。

兄は言葉が厳しく、亡くなった親のことも無駄死にだったと酷い言い様でした。

当然無一郎に対しても厳しく、兄との生活は息が詰まるようでした。

はじまりの呼吸の武士の子孫だから、と鬼殺隊のあまねが度々勧誘に訪れていたが、兄が冷たくあしらっていました。

11歳になったある日の夜、2人の住む家は鬼に襲われます。

兄の有一郎が大怪我を負わされたことで、我を忘れるほどの怒りで無一郎は朝日が登るまで鬼の頭を潰し続けました。

一気に脱力し動けなくなった無一郎は、なんとか這って家に戻りますが、そこには瀕死の兄の姿がありました。

有一郎は、無一郎の無事を祈りながら倒れていました。

そして、「無一郎の無は無限の無だ」と言いこの世を去ってしまいました。

無一郎は兄の亡きがらを共に瀕死の状態で横たわったまま日々が経過したところ、鬼殺隊の産屋敷やあまね達に救出されました。

失っていた過去の記憶を取り戻した時透は、自分は、父と兄が教えてくれた通り、誰かのために無限の力を出せる人間だと気付きます。

時透の顔には、痣が発現しました。

第119話【よみがえる】

玉壺は鋼鐵塚の邪魔をし続けていましたが、鋼鐵塚は片目を潰されても、刀を研ぎ続けることをやめません。

そこに時透が駆けつけ、玉壺に立ち向かいます。

時透は鉄穴森からもらった刀で玉壺を斬りながら鉄穴森にお礼を言います。

その刀は、時透の最初の刀を手掛けた鉄井戸の思いが込められていました。

時透の手によく馴染む刀で、玉壺の攻撃を全て受けその頸も十分狙えていました。

第120話【悪口合戦】

時透と玉壺は、お互いをけなし、挑発し合います。

余裕そうだった玉壺の態度を一変させたのは、時透が玉壺の壺が歪んでいるとけなしたことです。

玉壺は怒り狂い、一万匹の毒魚を時透へ放ちました。

時透はそのおびただしい魚を全て斬り捨て、魚の毒もかわしました。

玉壺は脱皮をして、鱗に覆われた人間と魚を掛け合わせたような姿になりました。

「神の手」で触れたものは全て鮮魚になってしまうのだと言います。

時透は、凄い攻撃も当たらなければ意味はないでしょうと、余裕の笑みを見せました。

第121話【異常事態】

時透は最愛の兄を失った時から、血のにじむような努力をしてきました。

兄を殺した鬼への怒りは記憶を失っても体に染み込んでいました。

鬼を滅ぼすため、怒りの感情を沸き立たせると玉壺に挑みます。

血鬼術を繰り出す玉壺に対し、時透は動きに大幅な緩急をつけ、まるで霞に巻くように玉壺を翻弄し、その頸を斬り落としました。

第122話【それは一時的な興奮状態】

玉壺を倒した時透でしたが、鉄穴森の気分がいいから大丈夫と言いながらも麻痺毒が回り泡を吹いて倒れます。

鬼に腹を刺された小鉄も、炭治郎から預かった煉獄の形見で一命をとりとめていました。

鋼鐵塚もこの騒ぎの中でも動じず刀を研ぎ続けていました。

その頃、炭治郎は、半天狗の分裂した4体の鬼が合体した「憎珀天」と戦っていました。

憎珀天は子どものような姿をしていますが、喜怒哀楽の鬼たちの力を使えて、技の威力は合体前よりも上がっていて恐ろしい強さです。

炭治郎は、憎珀天の発する超音波で鼓膜が破られ、足も潰され、憎珀天の操る木の龍に飲み込まれてしまいます。

そこに恋柱・甘露寺蜜璃が到着し、木の龍を斬って炭治郎を救い出してくれました。

第123話【甘露寺密璃の走馬灯】

甘露寺は、憎珀天の攻撃を斬っていきます。

甘露寺の日輪刀はとても薄くて柔らかい特殊な長い刃です。

甘露寺自身も、その筋肉は驚くほど柔らかく強い特殊な身体でその日輪刀を使いこなしていました。

しかし、本体の頸が別にあることを知らない甘露寺は、憎珀天の頸を斬ろうとして、憎珀天の攻撃をもろに受けてしまいます。

甘露寺は筋肉を硬直させ一命を取り留めたものの、憎珀天の次の一撃が迫る中走馬灯を見ました。

筋肉の密度が常人の8倍以上あるという特異体質で生まれた甘露寺は、1歳で漬物石を持ち上げ母を驚かせ、食事も相撲取り3人よりも多く食べていました。

お見合いで、そんな特異体質やピンクと黄緑色の髪を理由に破談にされた甘露寺は、髪を黒く染めて大食いも隠しました。

すると求婚したいという男性が現れました。

しかし、甘露寺は、「自分を偽った結婚では幸せになれない、ありのままの自分で居られる場所や、ありのままの自分を好きになってくれる人はいないのだろうか」と考えたことを思い出しました。

甘露寺が目を覚ますと、炭治郎と禰豆子と玄弥が、憎珀天の攻撃から甘露寺を庇って逃げていました。

甘露寺なら憎珀天に勝てる!と信じて必要としてくれる仲間の期待に応えようと、甘露寺は決意します。

第124話【いい加減にしろ バカタレ】

甘露寺は、自信がなかった自分を認めてくれた産屋敷や鬼殺隊、鬼から守った人たちの笑顔、丈夫な体に生まれたことでみんなを守れることを、誇りに思いました。

甘露寺は心拍数を上げ血流を速くすると、胸元には痣が発現しました。

甘露寺は憎珀天の相手を引き受け、その間に炭治郎たちは半天狗を本体を探しに行きます。

玄弥もまた特異体質を活かし、鬼を喰らうことで短時間の鬼化ができるという技術を身に付けていました。

半天狗の本体が隠れた木の玉を狙い、玄弥が木を喰い倒し、禰豆子が爆血を放ち、炭治郎がヒノカミ神楽を繰り出します。

ついに半天狗の本体を見つけ出すことに成功しますが、半天狗は悲鳴をあげながら逃げ出します。

炭治郎は叫びます。

「自分の犯した罪から逃げるな!」

半天狗は過去にも同様の厳しい追及を受けた記憶を思い出し、自分は善良な弱者で可哀想なのにだれも同情しないと不満を抱きながら逃げます。

玄弥は鬼化した怪力で木を引っこ抜くと半天狗めがけて投げつけました。

【鬼滅の刃】14巻を読んだ感想と考察

14巻は12巻から続く刀鍛冶の里での戦いです。

時透くんの過去が描かれていました。

なんと、双子だったのですね。

生きている間は仲良くできなかった悲しい記憶でした。

でも、双子の兄は、無一郎のことをとても大切に思っていてくれたんですね。

読んでいて涙が出ました。

兄を失うというあまりの辛い出来事に、記憶を失うという自己防衛をしてしまったんですね。

悲しいけど大切な記憶、思い出せて本当によかったです。

時透くんは炭治郎よりも年下です。

それなのにこんなに強く柱になっていて、どれほどの努力をしたのでしょう。

自分を取り戻したからこそ、ここからまたさらに強くなるのでしょうね。

そして、甘露寺密璃ちゃんも里に戻ってきました!

可愛い顔してめちゃめちゃ強いです。

筋肉がすごくて大食いで…以前、結婚したくて入隊したと言っていましたが、密璃ちゃんも辛い経験をしてきたのですね。

鬼殺隊に居場所がみつかって幸せそうでよかったですね。

半天狗なかなか面倒な相手ですが、きっとみんなで倒せることと信じています!

15巻も楽しみです!

まとめ

半天狗から派生した4体の喜怒哀楽の鬼は、合体して1体の鬼になりました。

それは憎珀天という子どものような姿の鬼ですが、4体が合体しただけあってとても強力な攻撃をしてきます。

その頃、時透は玉壺の血鬼術で水の中に捕えられていましたが、小鉄が空気を入れてくれたおかげで脱出することができました。

時透は失ってた過去の記憶を取り戻します。

最愛の兄を鬼に殺されたこと、兄に無一郎の無は無限の無だと言ってもらったことや、父と母のこと、産屋敷やあまねに助けてもらったこと、血のにじむような努力をして力をつけたこと…。

そして、自分は誰かのために無限の力を発揮できるのだ、と自覚すると時透の顔に痣が発現し、玉壺を倒します。

鋼鐵塚は、玉壺からの攻撃にも動じず、片目を失っても刀を研ぎ続けていました。

時透は、玉壺を倒した後、喰らっていた毒がまわり泡を吹いて倒れます。

一方、炭治郎たちの元には恋柱・甘露寺が駆けつけ、憎珀天の攻撃を斬っていきます。

甘露寺は常人より密度の濃い筋肉で力が強くとても大食いであることや、髪の色が桜色と黄緑色で特殊であることから、見合い相手にひどく拒絶され自信を失っていました。

髪を染め食事を我慢し自分を偽り隠そうとしたこともありましたが、自分らしくいられる場所、受け入れてくれる人がいるはずだと思ったところで出会ったのが鬼殺隊だったのです。

自分を信じる炭治郎たちの期待に応えようと、甘露寺は憎珀天の攻撃を一手に引き受けます。

炭治郎と禰豆子と玄弥は隠れた半天狗を探し出しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました