鬼滅の刃【無限列車・遊郭編】見逃し配信!

無料期間あり・動画サービス一覧

詳細はこちら

【鬼滅の刃】13巻のあらすじ※ネタバレ注意

【鬼滅の刃】コミック13巻のあらすじを紹介します。

この先ネタバレを含みますのでご注意ください。

【鬼滅の刃】13巻のあらすじ※ネタバレ注意

時は大正。

炭を売る少年・炭治郎は、ある日家族を失い、妹の禰豆子は鬼に変貌する。

妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!!

鬼殺隊となった炭治郎は任務中、鬼舞辻と敵対している鬼・珠世と出会い、禰豆子を人に戻す手がかりを得る。

新しい刀を求め、隠れ里である刀鍛冶の里を訪れた炭治郎。

しかし里には、鬼舞辻の命で侵入した上弦の肆・半天狗と上弦の伍・玉壺の姿が!

炭治郎は同じく里を訪れていた同期の玄弥や霞柱・時透と共に鬼に立ち向かうが・・・!?

引用元:吾峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃コミック13巻

【鬼滅の刃】コミック13巻のみどころ

  • 斬るたびに増える!?上弦の肆・半天狗との戦い。
  • 赤い刀身。爆ぜる血をまとった“爆血刀”を構える炭治郎。
  • 鬼に変貌!?死なない男・不死川玄弥。
  • 玄弥と実弥の過去、玄弥が柱を目指すわけとは。

第107話【邪魔】

玄弥が、積怒と可楽に向け鉄砲玉を放つ。

すかさず玄弥は日輪刀を振るい、積怒と可楽の頸を斬り落とす。

しかし斬った頸からまたも体が生え、鬼が分裂を始める。

空を飛ぶ鬼と、槍を持つ鬼が増え、上弦の肆は計4体となってしまう。

新しく増えた2体の鬼が、炭治郎と玄弥を襲う。

槍で貫かれる玄弥を助けるよう、禰豆子に叫ぶ炭治郎。

他を気にする炭治郎に対して、空を飛ぶ鬼・空喜(うろぎ)が攻撃を向けた。

ヒノカミ神楽で空喜の足を斬り逃れようとする炭治郎。

しかし空喜の攻撃が直撃し、炭治郎は地面へと落下する。

枝につかまり、炭治郎はなんとか着地に成功。

だが、先ほど斬った空喜の足から頭が生え、再び炭治郎を狙っていたのだ。

一方、葉のうちわで飛ばされた時透は、急いで戦いの場にむかう。

途中、鬼に襲われる子どもを目にした時透。

子どもを見捨てようとする時透の頭に、炭治郎の言葉がよぎる。

瞬間、時透は子どもを鬼から守るのであった。

第108話【時透君ありがとう】

壺を斬ると、鬼の血鬼術で出来た金魚は崩れ始める。

小鉄は、安堵し泣きながら時透に抱きついた。

鬼に襲われている鋼鐵塚・鉄穴森を救ってほしいと時透に懇願する小鉄。

断ろうとする時透の頭に、うっすらとお館様の言葉が響く。

小鉄を抱え、鋼鐵塚たちのもとに向かう時透。

自分の行動は正しいのかと時透は自問自答をしていた。

だが、時透はいつになく心を決めた顔を見せるのだった。

その頃、空喜と対峙する炭治郎。

空喜を斬った炭治郎は、空喜の攻撃力が落ちていることに気付く。

分裂は、喜怒哀楽の4体以上増えると攻撃の力が低下するのだ。

再生した空喜の鋭い爪が炭治郎を切り裂く。

だが同時に炭治郎の斬撃も、空喜を捉えていた。

一方、どちらも退かぬ攻防を見せる禰豆子と可楽。

禰豆子にとどめを刺そうと、鬼の1体・哀絶が動こうとする。

その時、槍で貫かれたはずの玄弥の鉄砲が、哀絶の頭を撃ち抜くのだった。

第109話【死なない】

玄弥が撃ち抜いた頭はすぐに再生をはじめる。

哀絶の槍で斬られてしまう玄弥。

玄弥にとどめを刺そうと、もう一度槍を振り下ろす哀絶。

急所を貫いても動き続ける玄弥に、積怒は疑問を抱いていた。

可楽はそんな玄弥たちの様子を見て、楽し気に笑う。

禰豆子の腹を、可楽の足が貫いた。

だがひるまず、蹴りと血鬼術で応戦する禰豆子。

禰豆子は葉うちわを奪い、可楽を吹き飛ばした。

そのまま積怒を狙う禰豆子。

しかし積怒の錫杖に頸を貫かれ、禰豆子は雷の攻撃を受けてしまう。

一方、急所を攻撃されても死なず、阿弥陀経を唱える玄弥。

玄弥は哀絶に自分の名前を伝える。

そして、お前を殺す男の名だ、と声高々に叫ぶのだった。

第110話【あばら屋でこそこそ】

空喜の飛行の勢いを利用し、禰豆子たちのもとへ戻った炭治郎。

雷を浴びせられる禰豆子の姿を目にし、炭治郎は積怒に刃を向ける。

積怒の錫杖攻撃を、空喜の足で受け止めた炭治郎。

同じ細胞で出来ている空喜の足は、雷を通さぬと炭治郎は気付いていたのだ。

隙を見て、炭治郎は禰豆子に刺さった錫杖を抜くことに成功する。

積怒が再び錫杖で、炭治郎の頸を狙うが、間一髪で攻撃を止める禰豆子。

しかしその時、禰豆子に飛ばされた可楽が戻ってきてしまう。

葉うちわ攻撃の重圧により、炭治郎と禰豆子は気を失ってしまうのだった。

その頃、無事鉄穴森と合流を果たした、時透たち。

急いで鋼鐵塚が刀を研磨する小屋へと、3人は向かう。

だが鬼の気配に気付いた時透が、小鉄と鉄穴森の体を制する。

すると小屋の前に、上弦の伍・玉壺が姿を見せるのだった。

第111話【芸術家気取り】

名を名乗り、自分の作品を見て欲しいと語る玉壺。

“鍛人の断末魔”といって、壺から出てきたのは変わり果てた姿の刀鍛冶たち。

悲しみで声が出ない小鉄と鉄穴森に構わず、玉壺は説明を続ける。

そんな玉壺に、時透が攻撃を仕掛けた。

だが、壺から壺へ素早く移動する玉壺を捉えるのは、至難の業。

攻撃を続ける時透に、壺を斬られた玉壺は一変、怒りの表情を見せる。

玉壺の血鬼術により、壺から無数の金魚が生み出された。

すると突然、金魚が口から沢山の針を吐き出したのだ。

身を返して針をかわした時透だが、今度は小鉄と鉄穴森めがけ針が吐き出される。

とっさに小鉄たちを庇った時透の体を針が貫いた。

嘲笑う玉壺に、攻撃を続ける時透。

だが、玉壺の血鬼術・水獄鉢に時透は捕らわれてしまう。

その頃、一足先に里を出た甘露寺は、鴉の知らせを受け急いで里へと戻るのだった。

第112話【遷移変転】

玉壺の作り出した金魚に襲われる里の住人たち。

里の長・鉄珍もまた巨大な金魚に襲われ、命の危機に瀕していた。

そこへ甘露寺がたどり着く。

恋の呼吸、壱ノ型・初恋のわななきで、甘露寺はあっという間に敵を倒してしまうのだった。

一方、気絶していた炭治郎が目を覚ます。

すると禰豆子が自分を抱え、雷を回避していたのだ。

可楽・積怒・空喜の激しい攻撃が、炭治郎と禰豆子を絶え間なく襲う。

可楽の葉うちわを受け、建物は倒壊し、禰豆子は瓦礫の下敷きになってしまう。

瓦礫をどかそうとする炭治郎の日輪刀を掴んで離さない禰豆子。

禰豆子の血で燃え、刃の色が変化しはじめる

漆黒の刀身が赤色へ。

爆ぜる血をまとった炭治郎の日輪刀は、爆血刀へと姿を変えたのだった。

第113話【赫刀】

“お侍さんの刀、戦う時だけ赤くなるのね”

遺伝した記憶の女性が言う剣士と、やり方は違えども赤く変化した炭治郎の刀。

自分に力を貸してくれるみんなの想いに応えなければ、と心を燃やす炭治郎。

燃える刀を構える炭治郎の姿が、無惨の記憶にある、剣士の姿と重なる。

爆血刀を手に、炭治郎はヒノカミ神楽・日暈の龍、頭舞いを繰り出す。

3体の鬼首を斬り、炭治郎は最後の1体・哀絶の姿を探す。

その時鬼のような姿をした玄弥が、哀絶の頸を斬っているのを目にした。

塵にならない可楽たちを見て、どこかに5体目であり、本体がいるのではと考える炭治郎。

すると突然、玄弥が炭治郎の頸をつかみ「柱になるのは俺だ」と叫ぶ。

そんな玄弥に対し、自分と禰豆子が援護すると、炭治郎は提案した。

鼻も利くようになり、炭治郎はとうとう草陰の方から、5体目の鬼の気配を探り当てるのだった。

第114話【認められたかった】

北東の低い位置に5体目が隠れておりそれが本体だと、玄弥に伝える炭治郎。

再生した可楽の葉うちわの攻撃が再び炭治郎たちを襲い始める。

無惨からの情報を上回る、炭治郎の力に驚きを隠せない積怒。

炭治郎は、戦いの瀬戸際に置いて爆発的に成長していたのだ。

玄弥に攻撃が向かぬよう、攻撃を食い止める炭治郎と禰豆子。

一方の玄弥も炭治郎の指示のもと、本体の鬼を必死で探していた。

そしてとうとう5体目の鬼を見つけ出す。

草陰にいた鬼の本体は、なんと指1本分ほどの大きさ。

あまりの小ささに驚愕する玄弥。

すぐさま玄弥は、本体の頸めがけて日輪刀と振る。

しかし、尋常ではないほど硬い頸に、日輪刀はあっけなく折れてしまう。

玄弥は鉄砲を放つも、そちらも全く効果がなかった。

その時、玄弥の背後に積怒が迫る。

ふと、玄弥は兄である、不死川実弥の姿を思い出すのだった。

第115話【柱に】

幼い頃、玄弥は小柄な母と、実弥を含む兄妹たちと暮らしていた。

出掛けた母がなかなか帰らなかった夜、突然誰かが家の戸を激しく叩いたのだ。

母が帰ってきたと、戸を開けようとする弟妹たち。

だが家に入ってきた、狼のような“何か”が玄弥たちに突如襲いかかる。

母を探しに行った実弥が戻り、その“何か”を外へ突き飛ばす。

兄を追った玄弥が目にしたのは、倒れる母と立ち尽くす実弥の姿だった。

実弥に対し、人殺しと叫ぶ玄弥。

のちに玄弥は、自分たちを襲ったのが、鬼に変貌した母だと知る。

弟妹たちを守るため、手にかけた相手が母だと知った実弥。

玄弥は、実弥に向けた酷い言葉をずっと誤りたかったのだ。

諦めかけた玄弥に、「絶対諦めるな!」と炭治郎が叫ぶ。

炭治郎を敵の攻撃から守った玄弥は、本体の頸を炭治郎に託す。

玄弥の後押しを受け、ついに炭治郎の刃が本体の頸を捉える。

すると本体は、激しい叫び声を上げるのだった。

まとめ

斬るたびに増える上弦の肆・半天狗。

積怒・可楽・哀絶・空喜、どの分裂体もそれぞれが半端ない強さです。

4体相手に応戦する炭治郎たちもすごいですが、だんだんと押されてしまいます。

戦いのなか、急所を攻撃されても死なない不死川玄弥。

彼は一体何者なのでしょうか?

まさか不死身の能力を備えているのでしょうか。

鬼に近い風貌も見せ、ますます謎が深まりますね。

一方、玉壺と対峙する時透。

戦うたび、もやがかかったような時透の記憶が映ります。

あのシーンも今後何か、重要な意味をもつのかもしれませんね。

戦闘中で、時透は玉壺の血鬼術によって捕らえられてしまいます。

時透VS玉壺のシーンは、13巻ではここまでなのです。

もう気になり過ぎる止まり方ですよね。

時透、一体どうなってしまうのでしょうか。

一方、苦戦を強いられる炭治郎は、禰豆子の協力もあり刀身を赤く変化させます。

記憶の中に出てきた、耳飾りの剣士と同様の赫刀。

鬼に対しても、今まで以上の効果を見せたのでした。

赤い刀身も今後キーワードのひとつになるのでは!?と気になるところです。

後半には、玄弥と実弥の過去も描かれました。

玄弥が柱にこだわるのには、そんな理由があったのですね。

実弥も、最初に出てきた際には、あまりいい印象はもてませんでした。

でも今回過去を知り、少しイメージが変わりました。

さて、上弦の肆の本体の存在に気付いた炭治郎たち。

最後には、炭治郎の刃が本体の頸に迫ります。

この後一体どうなるのでしょうか!?

激しい戦いが続くコミック13巻。

ぜひ読んでみてくださいね。

コメント

鬼滅の刃【アニメ】無限列車・遊郭編の見逃し配信はこちら!
鬼滅の刃【最新】無限列車・遊郭編の動画が見れるサービスをチェック!!
タイトルとURLをコピーしました