鬼滅の刃【無限列車・遊郭編】見逃し配信!

無料期間あり・動画サービス一覧

詳細はこちら

【鬼滅の刃】かわいそうな過去をもつ鬼、上弦の参猗窩座の過去について

鬼滅の刃 十二鬼月

鬼滅の刃の魅力は、鬼殺隊に留まらず、魅力ある鬼の存在です。

たくさん鬼がいますが、猗窩座の過去は、せつなく、かわいそうなお話です。

猗窩座の技は、何故花火が由来になっているのか?

羅針盤は、何故あの文様なのか?

そんな猗窩座の過去が鬼滅の刃のコミック18巻では、詳しく描かれています。

私は、コミック18巻を10回読んで10回とも涙しました。

この記事では、猗窩座のかわいそうな人間時代の狛治としての生活、素流道場と恋雪との出逢いについてまとめています。

とてもかわいそうで涙なしには見られない猗窩座の過去を振り返ってみませんか。

かわいそうな鬼猗窩座の人間時代、狛治としての生活

狛治は、身体の弱い父と2人暮らしでした。

貧乏だったようで、父の薬代や食事を手に入れるため、盗みをしていました。

その度に奉行所に捕まり、刑罰をくらっており、入れ墨が両腕に彫られています。

狛治が、盗みを繰り返すので、父は、身体の弱い自分が生きているから狛治が真っ当に生きられないのではないかと思ったのか自殺してしまいます。

大切な人を亡くす気持ちを考えると、かわいそうになりますね。

・実際に江戸時代の江戸では、狛治のような罪人には狛治のような入れ墨が彫られていたそうです。
・地域毎に彫る位置も異なったようで、顔に彫る地域もあったようです。

素流道場 慶蔵、恋雪との出逢いとかわいそうな別れ

狛治の狛は、狛犬の狛からという字です。

第155話のタイトルが、役立たずの狛犬というタイトルです。

読み進めていくうちにその理由が明かされます。

狛治が喧嘩をしていると、素流道場の慶蔵が声をかけ、門下生にならないかと狛治を誘います。

慶蔵には、恋雪という病弱の娘がいました。

慶蔵は、恋雪の看病を狛治に任せます。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

恋雪を看病をしている時の狛治の優しさを感じる場面はいくつもでてきます。

狛治は、看病を大変、嫌だとは思わず、自分のことは自分でしたいだろうと、父や恋雪のことを想って寄り添った言葉をかけています。

そんな狛治とは、正反対なのが、剣術道場の跡取り息子です。

恋雪を無理矢理外へ連れ出した挙げ句、恋雪が喘息発作を起こしたのを見て、怖くなって、苦しむ恋雪を放置したことがあったと書かれています。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

慶蔵と小雪と出逢い徐々に人としての生活を取り戻していく狛治。

狛治が18歳、恋雪が16歳になると、恋雪も丈夫になってきて、祝言を挙げる予定となりました。

祝言とは?
古来から続く日本の1番古いスタイルの結婚式のことです。
祝言は、現在のチャペル式や神前式のように神の前で結婚の誓いをするのではなく、新郎新婦を今まで見守ってきてくれた家族とゲストに結婚の証人になってもらうことです。
©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

しかし、素流道場をよく思わなかった剣術道場の門下生が慶蔵や狛治と直接やりあっても勝てないため、井戸に毒を入れ、狛治と恋雪を毒殺してしまいました。

またしても、狛治は大切な人を亡くしてしまいます。

狛治は、大事な人が危機の時にいつも側にいることができないと回想しており、自分で役立たずの狛犬だと思っていたのでしょう。

遺体となった慶蔵と恋雪に対面する狛治の気持ちを思うと、とてもかわいそうな気持ちになりますね。

狛治は、剣術道場に乗り込み1人で67名を殺害しています。

ほとんどの遺体が潰されて原型もなく体の一部が破損していたと書かれていました。

狛治がどんな思いで剣術道場の人たちを殺害したのか、遺体の損傷具合で計り知れます。

殺害後、鬼舞辻無惨と出逢い、鬼となります。

この時、猗窩座は、人間だった時の記憶をなくしてしまいます。

狛治の思い出と猗窩座の技

猗窩座の技は全て思い出が土台となっています。

技名→花火が由来

術式展開の模様→恋雪の髪飾り

構え・使っている技→素流

まっとうに生きるよう父に言われましたが、鬼にされ罪を重ねていったせいか罪人の刺青が鬼の文様と混ざり合い全身に広がっているようにみえます。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻
©吾峠呼世晴/集英社 コミック8巻

狛治は、16歳になった恋雪とともに花火大会に行っています。

恋雪の母は自殺をしており、恋雪が病床で来年も再来年も生きている自分の姿を想像できない中、狛治は、当たり前のように来年、再来年の話をしたことが、大きな心の支えになっていたようです。

狛治の心も恋雪や慶蔵に支えられていましたが、恋雪も狛治に支えられていたと感じるシーンでした。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

無限城での闘い 敗北を認める

無限城では、炭治朗と冨岡義勇と闘います。

最後は、炭治朗に首を切られ、再起しようとしますが、猗窩座自身が自分を殴り、再起を止め、敗北を認めています。

死の間際に父、慶蔵、そして恋雪を思いだし、猗窩座が徐々に狛治に戻り、少年のような顔で恋雪と抱き合っているシーンが儚く、印象的でした。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

まとめ

鬼殺隊はもちろんですが、敵である鬼の過去までも魅力溢れる鬼滅の刃の世界。

単純にかわいそうだけでは、済まされない猗窩座の過去のお話に胸がぐっと締め付けられ、言いようのない悔しさなど様々な感情があったのではないでしょうか。

また、狛治の弱き人に対する心遣いは、見習うべきところも多かったです。

あの世で恋雪と幸せになっていて欲しいですね。

コメント

鬼滅の刃【アニメ】無限列車・遊郭編の見逃し配信はこちら!
鬼滅の刃【最新】無限列車・遊郭編の動画が見れるサービスをチェック!!
タイトルとURLをコピーしました