【鬼滅の刃】16巻のあらすじ※ネタバレ注意

【鬼滅の刃】コミック16巻のあらすじを紹介します。

この先ネタバレを含みますのでご注意ください。

【鬼滅の刃】16巻のあらすじ※ネタバレ注意

時は大正。

炭を売る少年・炭治郎は、ある日家族を失い、妹の禰豆子は鬼に変貌する。

家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!!

鬼殺隊となった炭治郎は任務中、鬼舞辻と敵対している鬼・珠世と出会い、禰豆子を人に戻す手がかりを得る。

刀鍛冶の里を襲った上弦の鬼・半天狗と玉壺との激闘の末、禰豆子はついに太陽を克服。

そして、鬼殺隊では隊士の訓練と柱の痣の発現を目的とした、“柱稽古”が始まる。

炭治郎は岩柱・悲鳴嶼の元を訪ねるが・・・!?

引用元:吾峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃コミック15巻

【鬼滅の刃】コミック16巻のみどころ

  • 悲鳴嶼行冥の切なく辛い過去とは。
  • 鬼舞辻無惨、鬼殺隊本部・産屋敷邸に現る。
  • 産屋敷耀哉、命がけの作戦。
  • いざ無限城へ。最終決戦の幕開け!?

第134話【反復動作】

岩柱・悲鳴嶼行冥のもとでの訓練を開始した炭治郎たち。

滝行や丸太運び、岩押しなど、強靭な足腰を鍛えることが目的である。

皆で食事をしている際、伊之助が悲鳴嶼の強さは鬼殺隊最強だと語り、炭治郎も賛同した。

悲鳴嶼の訓練を開始して6日が経過し、滝行、丸太運びはクリアした炭治郎。

だが大きな岩を一町先まで運ぶ訓練は、未だに岩を動かす事すらできなかった。

岩を動かそうと夜の間も頑張る炭治郎のもとに、玄弥が現れる。

悲鳴嶼の言いつけを破り、兄・実弥と接触したため、謹慎していたという玄弥。

岩を動かす訓練をする炭治郎に“反復動作”をやっているかと玄弥は尋ねた。

玄弥は、予め決めた動作をすることで、極限まで集中力を高めるのだと語る。

場所は変わり、肆と刻まれた複数の目玉が、隊士を尾行していた。

鬼舞辻の配下・鳴女が、産屋敷邸と禰豆子の居場所を探していたのだった。

第135話【悲鳴嶼行冥】

玄弥に教えてもらった反復動作をさっそく実践する炭治郎。

炭治郎の反復動作は、大切な人の顔と“心を燃やせ”と言う言葉を思い出すこと。

そしてとうとう、炭治郎は岩を動かすことに成功。

なんとか一町先まで岩を動かす事が出来た炭治郎だが、脱水症状で倒れてしまう。

そこへ悲鳴嶼が現れ、炭治郎に水を飲ませた。

訓練達成、里での正しき行動、私は君を認めると突然話し出す悲鳴嶼。

だが、悲鳴嶼の言葉に、里での決断したのは禰豆子だと、炭治郎は言う。

そんな炭治郎を見て、自分の過去を悲鳴嶼は話はじめる。

昔ともに暮らしていた子ども達を救うため、鬼と戦った悲鳴嶼。

だが、子どもの証言により殺人の罪で投獄され、のちにお館様に救われたのだ。

話が終わると悲鳴嶋は、君が道を間違えないように手助けする、と炭治郎に伝えた。

頑張ります、と涙を流す炭治郎の頭を優しくなで、悲鳴嶋は優しく微笑むのだった。

第136話【動く】

悲鳴嶼の訓練を終えたことを善逸に伝えに行く炭治郎。

ここしばらく喋らない善逸のことを炭治郎は心配していたのだ。

やるべきことがはっきりしたと語る善逸。

続けて、これは絶対に俺がやらなきゃと、今までにない険しい表情を善逸は見せるのだった。

訓練先の冨岡邸へ向かう炭治郎は、向かい合う冨岡と実弥の姿を見つける。

次の瞬間、2人は激しくぶつかり合い始める。

木刀が折れ、次は素手で殺し合うという実弥の言動に、待ったをかける炭治郎。

実弥の好物がおはぎがだと、暴露した炭治郎に一発入れると、実弥はその場から立ち去ってしまう。

目が覚めた炭治郎に、喧嘩ではなく柱同士の手合わせだったと冨岡は説明した。

その晩、鬼殺隊の本部・産屋敷邸を尋ねる人物がいた。

病で床にふせていた耀哉は、その人物に「はじめまして」と声を掛ける。

産屋敷邸に現れたのは、宿敵・鬼舞辻無惨だったのだ。

第137話【不滅】

耀哉は、妻のあまねに無惨の風貌を問う。

床にふせる産屋敷の当主の姿に、興醒めしたと語る無惨。

半年前に医者に余命数日と宣告された耀哉。

だが無惨を倒すという一心で今日まで生きながらえていた。

実は、同じ血筋である産屋敷一族と無惨。

無惨が鬼になって以降、産屋敷一族は呪われ、子どもがすぐに命を落とすようになった。

耀哉の話に、無惨は耳を傾ける気も悪びれる様子もない。

君は不滅を夢見ている、という耀哉に対し、禰豆子を手に入れれば叶うという無惨。

だが、夢は叶わないと続ける耀哉。

耀哉は話し続ける。

永遠、不滅なのは人の想いなのだと。

そして耀哉は、無惨の死は、すべての鬼の死、と確信をついた。

その言葉に、無惨ははじめて動揺を見せる。

一方その頃、炭治郎や柱たちが、産屋敷邸へと急いで向かっていたのだった。

第138話【急転】

数日ほど前、柱合会議にて、柱を耀哉の護衛に付けるべきと話題に上がる。

柱になった年月が長い悲鳴嶼が、それは無理だと答える。

その事を思い返しながら、屋敷へと向かう柱たち。

皆が屋敷に着く直前、突然産屋敷邸が激しく爆発してしまう。

爆破に巻き込まれた無惨は、炎の中、耀哉の姿を思い返す。

敵陣の中、警戒をしていた無惨だが、その予想をはるかに上回る行動を耀哉はとったのだ。

無惨の体が再生しようとしたその時、何者かの血鬼術が無惨を襲う。

驚く無惨だが、すぐさま血鬼術を吸収し対応しようと動く。

だが吸収を始めたその刹那、無惨の腹部に珠世が腕をねじ込んだ。

珠世の目的は、“鬼を人間に戻す薬”を無惨に吸収させること。

自分の夫や子、ほかにも大勢の人を殺したことがある珠世。

その罪を償うためにも、珠世は無惨とここで死ぬ覚悟を決めていた。

珠世が岩柱・悲鳴嶼の名を叫ぶ。

現れた悲鳴嶼は、涙を流しつつ無惨の頸を砕くのだった。

第139話【落ちる】

お館様・耀哉との出会いや会話を思い返す悲鳴嶼。

数日前、耀哉から無惨が来ることを告げられていた悲鳴嶼。

産屋敷一族は“先見の明”ともいえる勘が凄まじく当たる。

悲鳴嶼は、耀哉から自分の頸を囮に無惨の頸を取るよう頼まれていた。

無惨の頸を飛ばした悲鳴嶼は、無惨が頸を斬っても死なないことを確信する。

その時、産屋敷邸へ他の柱たちが次々に到着。

このタイミングに柱たちが集結するのも全て耀哉の采配。

悲鳴嶼は、目の前にいるのが鬼舞辻無惨だと叫んだ。

お館様の死、そして追い求めていた敵を前に、皆険しい表情を見せる。

炭治郎、そして柱たちが無惨に向けて一斉に攻撃を放とうとした瞬間。

各々の足元に戸が現れ、無限城へと落とされてしまう。

鬼殺隊を皆殺しにすると叫ぶ無惨。

炭治郎は「必ず倒す」と無惨に向けて叫ぶのだった。

第140話【決戦の火蓋を切る】

落下する炭治郎は、冨岡の助けを受けなんとか着地する。

安堵する間もなく、炭治郎を鬼が襲う。

すぐに対応した炭治郎だが、戸の奥から無数の鬼たちが現れる。

炭治郎が技を出し、すかさず冨岡もサポートし、鬼を一掃。

別の場所では、蛇柱・伊黒が甘露寺を守るため応戦。

また別の場所では、悲鳴嶼と時透がともに行動していた。

時透に尋ねられ、お館様の死と、囮の計画を伝える悲鳴嶼。

鬼殺隊の父ともいえるお館様を奪った無惨に、皆激しい怒りを抱いていた。

実弥、伊之助、玄弥もそれぞれ無限城の中に。

善逸は、なにやら特定の人物を探し走っている様子。

一方、蟲柱・胡蝶しのぶは、近くにあった扉に手をかけ開いた。

なかには、多くの人間を食べる鬼の姿が。

人の気配に気付いた鬼が、しのぶに声を掛ける。

振り返った鬼の目には、“上弦の弐”の文字が刻まれていたのだった。

第141話【仇】

昔鬼に殺された、しのぶの姉・カナエ。

頭から血をかぶったような鬼、亡き姉が言っていた鬼がまさに目の前にいる。

上弦の弐・童磨は、笑顔でしのぶに挨拶をした。

死を怖がる人間を喰べてあげることで、苦しみから救っているのだと話す童磨。

童磨の言葉を否定したしのぶは、この羽織に見覚えはないかと問う。

カナエを思い出す童磨の目に、日輪刀を突き刺すしのぶ。

頸を斬らなきゃ、と童磨が言った直後、体を毒が蝕み、苦しみ出す童磨。

だが少しすると童磨は、毒を分解してしまう。

さらに、毒の調合を変える刀のしくみを童磨は見破っていた。

しのぶとの戦いを無邪気に楽しむ童磨。

一方のしのぶも焦る様子はなく、想定内だと言い刀を構えるのだった。

第142話【蟲柱・胡蝶しのぶ】

童磨が人間だった頃。

彼の両親は自分たちの子・童磨が神の声が聞こえると信じた。

幼い頃から崇められ祈られ続けた童磨。

そうするうちに、気の毒な人を助けるために自分は生まれたと童磨は考えはじめる。

童磨と対峙するしのぶ。

毒の攻撃をして5回目、毒への耐性の速さをみて上弦の強さをしのぶは感じていた。

しのぶは連撃で大量の毒を打つべく、蟲の呼吸、蜻蛉ノ舞(せいれいのまい)・複眼六角を繰り出す。

しのぶの速さに感心する童磨。

だがしのぶも、童磨の攻撃を受けてしまっていたのだ。

自分の体が大きければ、頸を斬ることができた。

くじけそうになるしのぶの目の前に、姉・胡蝶カナエが現れる。

姉に背中を押され、しのぶが立ち上がる。

次の一手が読めないほどの速さで、攻撃を仕掛けるしのぶ。

蟲の呼吸、蜈蚣ノ舞(ごこうのまい)・百足蛇腹(ひゃくそくじゃばら)が童磨を襲う。

体格を活かした低い攻撃で、しのぶの日輪刀が童磨を体ごと突き上げるのだった。

まとめ

悲鳴嶼の訓練を受ける炭治郎たち。

炭治郎と伊之助の発言で、悲鳴嶼が鬼殺隊最強であることが明らかになります。

まさか、悲鳴嶼が一番強かったとは予想外でした。

これから悲鳴嶼の強さを見るのが楽しみですね。

ほかの柱や隊士たちもですが、皆つらい過去ばかりで胸が締め付けられます。

子どものために戦った悲鳴嶼が、子どもの発言によって殺人の罪を被るなんて・・・。

悲鳴嶼もまた、辛く悲しい過去があったんですね。

そして、今回物語が大きく動きました。

なんと鬼殺隊本部・産屋敷邸に鬼舞辻無惨の姿が。

さらに産屋敷一族と無惨に繋がりがあったとは、驚きでした。

無惨が来襲し、一体どうなるのかと思いきや、無惨の思考を上回るお館様・耀哉。

自らと、妻・子とともに屋敷を爆破するなんて想像もできませんでしたね。

そして珠世も悲願を達成するため、その身を犠牲に。

珠世の作った薬は、無惨を人間に戻す効果が見られるのでしょうか。

お館様の采配もあり、無惨のもとへ集結した柱たち。

このまま決戦かと思われましたが、無惨もただではやられません。

自分のテリトリーである無限城へと戦いの場を移しました。

無限城を進む中で、胡蝶しのぶは姉の仇である上弦の弐・童磨に接触。

あれほど怒りをあらわにするしのぶをみたのは、初めてですね。

毒の効かない童磨に、くじけそうになったしのぶを姉が励まします。

そして、しのぶは童磨に重い一撃を食らわせるのでした。

物語が急展開する16巻。

物語はクライマックスへ進んでいく、そんな戦いの幕開けです。

ぜひ読んでみてくださいね。

この記事を書いた人

当サイトの案内人「きつね」です。
こちらでは漫画、アニメ【鬼滅の刃】に関する情報をお届けします。

漫画・ネタバレ
鬼滅なび
タイトルとURLをコピーしました