鬼滅の刃【無限列車・遊郭編】見逃し配信!

無料期間あり・動画サービス一覧

詳細はこちら

【鬼滅の刃】18巻のあらすじ※ネタバレ注意

【鬼滅の刃】コミック18巻のあらすじを紹介します。

この先ネタバレを含みますのでご注意ください。

【鬼滅の刃】18巻のあらすじ※ネタバレ注意

時は大正。

炭を売る少年・炭治郎は、ある日家族を失い、妹の禰豆子は鬼に変貌する。

妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!!

鬼殺隊となった炭治郎は任務中、鬼舞辻と敵対している鬼・珠世と出会い、禰豆子を人に戻す手がかりを得る。

上弦の鬼との戦いの中で太陽を克服した禰豆子を狙い、鬼舞辻が産屋敷邸に襲来。

鬼殺隊士たちは鬼舞辻を追い、無限城に突入する!!

炭治郎と水柱・冨岡は上弦の参・猗窩座の強さを前に苦戦を強いられるが・・・!?

引用元:吾峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃コミック18巻

【鬼滅の刃】コミック18巻のみどころ

  • 父の教え、“透き通る世界”に入った炭治郎の能力はいかに!?
  • 頸を斬っても死なない猗窩座との戦いの行方。
  • 猗窩座の悲しき過去が明らかに。
  • 童磨と伊之助の接点、伊之助の母・琴葉とは。

第152話【透き通る世界】

父に教えられた“透き通る世界”に入れた時、予測と回避の速度が上がることに気付く炭治郎。

猗窩座と対峙し、冨岡は実力差を感じ始める。

冨岡に近づき、もう終わりにしようという猗窩座。

猗窩座の腕が冨岡の腹部に貫通したかと思われた。

しかし、攻撃が届く前に炭治郎が、猗窩座の腕を切断する。

炭治郎の様子の変化に驚く冨岡。

それは、猗窩座も同様で、体中の細胞が炭治郎に対する危険を感じていた。

猗窩座は、終式・青銀乱残光(あおぎんらんざんこう)を凪で受け止めようと構える冨岡。

一方の炭治郎は、対峙する2人の体が透き通って見えていた。

不思議な事に時間の進みや、動きがゆっくりと見えるのだ。

攻撃を防ぎきれず、膝をつく冨岡に語り掛ける猗窩座。

猗窩座の背後に炭治郎が迫るが、猗窩座は気付いていない。

炭治郎が猗窩座の名を叫び頸を狙う。

身構える猗窩座だが、ヒノカミ神楽・斜陽転身により頸を斬られるのだった。

第153話【引かれる】

闘気のない炭治郎の攻撃に戸惑いを隠せない猗窩座。

予期せぬ事態に即座に対処しようとする猗窩座だが、そのスピードを炭治郎は上回る。

数百年間の武術の粋を、真正面から打ち砕かれた猗窩座。

まだ戦える、と猗窩座は斬れた頸を押さえ繋げようとする。

冨岡は日輪刀を飛ばし、猗窩座の頸を胴体から離す。

戦いが終わったと思われたその時、猗窩座の体の崩壊がピタリと止まる。

そしてなんと、頸の切断面が閉じ、胴体が動き攻撃を始めたのだ。

体の限界を迎えていた炭治郎は、猗窩座の蹴り技をもろに受けてしまう。

猗窩座が、別の何かに変化しようとしていることに気付く炭治郎。

無惨同様、頸を斬っても死なない鬼へと。

戦おうとする炭治郎だが、限界を超え失神する。

炭治郎に迫る猗窩座を冨岡が止める。

攻撃を続けようとする猗窩座の腕を誰かが引っ張る。

猗窩座が目を向けると、「狛治さんもうやめて」と女性が泣きながら手を引くのだった。

第154話【懐古強襲】

長時間にわたる戦いの中、冨岡の体も限界が近づいていた。

冨岡は自分がそうしてもらったように、何としてでも炭治郎を守ろうと踏ん張る。

一方、意識の中で自分を止めようとする女性と話す猗窩座。

女性は泣きながら、やめましょうと猗窩座に懇願する。

どうして強くなりたいのか、と女性に尋ねられた猗窩座。

その言葉に猗窩座は、人間のころのことを徐々に思い出す。

父と二人暮らしをしていた猗窩座、もとい人間の頃の名は狛治(はくじ)。

貧しい狛治は、父の薬を買うためにスリを繰り返し、何度も奉行所に捕らえられた。

奉行所から自宅に戻ると、父が自ら首を括り死んだことを聞かされる。

狛治の負担になると、自ら死を選んだ父。

悲しみをかき消すように、喧嘩をする狛治。

そんな狛治の前に、道着を来た男が現れ狛治をボコボコに負かしてしまう。

男・慶蔵がやっている道場に連れてこられた狛治。

猗窩座は、人間だった頃の過去・慶蔵と恋雪との出会いを鮮明に思い出すのだった。

第155話【役立たずの狛犬】

師範・慶蔵の道場は、その昔、慶蔵が山賊に襲われた老人を助けたお礼で譲り受けた。

道場の土地を狙う、隣の剣道場から嫌がらせを受けていたこともあり、門下生は一向に増えず。

だが稽古と恋雪の看病を通して、狛治の心は救われていく。

3年経ったある日、慶蔵から道場を継ぎ、恋雪と夫婦になる提案をされた狛治。

自分に対し、恋心を抱いてくれていたなど、狛治は思いもよらない。

後日、祝言を上げる報告のため1人父の墓参りに訪れた狛治。

夕方、道場に戻った狛治は、慶蔵と恋雪が毒殺されたことを聞かされる。

慶蔵と狛治の手腕にかなわない為、誰かが道場の井戸に毒を入れたのだ。

怒り狂った狛治は、毒をいれた隣接する剣道場を襲撃。

67名を素手で惨殺した。

剣道場襲撃後、夜道をふらつく狛治の前に、無惨が現れる。

鬼になった狛治は、人間の記憶を忘れ、猗窩座として再び強さばかり追い求めるようになったのだった。

第156話【ありがとう】

意識を取り戻した炭治郎は、冨岡を攻撃しようとする猗窩座に向かっていく。

しかし、握力がなくなった手から日輪刀が抜け、炭治郎は猗窩座の顔面を殴る。

パンチをする炭治郎に慶蔵の面影を見た猗窩座。

猗窩座の攻撃を予測し、身を挺して冨岡を庇おうとする炭治郎。

ふと目を向けた炭治郎は、猗窩座が自分に対し微笑むのをみた。

次の瞬間、猗窩座は自分の体を自分で攻撃。

炭治郎に完敗したと認める猗窩座。

しかし本人の意思を無視し、体は再生し続ける。

猗窩座の意識の中に、父や慶蔵が現れる。

だが、無惨が猗窩座を鬼の意識の中へと引っ張ろうとする。

すると目の前に恋雪が現れ、猗窩座を優しく包み込む。

狛治へと姿を変えた猗窩座は、泣きながら恋雪に抱きつき守れなかったことを謝罪。

すると体も再生をやめ、塵になっていくのだった。

第157話【舞い戻る魂】

恋雪と共に炎に包まれ消える猗窩座。

戦いが終わり安堵した炭治郎と冨岡は、疲労により失神。

猗窩座の死に、同じ上弦の黒死牟や童磨も気付く。

その頃、童磨と対峙するカナヲ。

猗窩座の死に涙を流す童磨を、カナヲは制し、嘘ばかりつかなくていいと語る。

何も感じないことを隠す姿が滑稽だ、と嘲笑うカナヲ。

童磨自身、感情を感じず、それを取り繕っているのだとカナヲは言い放つ。

童磨は、カナヲのとげのある言葉に、はじめて重々しい雰囲気を見せた。

カナヲは童磨に対し毒のある言葉を吐き続ける。

次の瞬間、童磨の素早い動きが、カナヲを襲う。

ぎりぎりで攻撃をかわしたカナヲは、身を返しながら童磨の腹部を斬りさく。

童磨の動きに適応し、反応速度が上がったカナヲ。

そんなカナヲの動きを見た童磨は、しのぶよりも実力が上なのではと考えるのだった。

第158話【破茶滅茶】

童磨を相手に、今までに対峙した鬼とは比べ物にならない強さを感じるカナヲ。

カナヲが立っていられるのは、しのぶを殺された怒りがあってこそ。

喉の奥が煮えたぎるほどの怒りを感じるのは、カナヲにとって初めての経験。

花の呼吸、伍ノ型・弐ノ型で攻めるカナヲだが、童磨にさらりと受け流されてしまう。

一方の童磨も、カナヲの目が特殊であることに気付く。

童磨の広範囲に及ぶ血鬼術により、むやみに近づくことができない。

ふと童磨が消えたと思った次の瞬間、日輪刀を奪われてしまったカナヲ。

続け様に、血鬼術・散り蓮華がカナヲに迫り絶体絶命。

攻撃をよく見て、被害が最小限の場所を探すカナヲだが、見極めるには困難を要する。

その時、天井を突き破り現れたのは、鴉に案内されてここへたどり着いた伊之助。

すかさず、獣の呼吸、伍ノ牙・狂い裂きで、カナヲのピンチを救うのだった。

第159話【顔】

現れるやいなや、童磨の顔を凝視する伊之助。

童磨が上弦の弐であることを見抜いたと、伊之助は得意気に語る。

大怪我をしたカナヲを見た伊之助は、「怪我するとしのぶが怒るぞ」と焦って言う。

その言葉に表情を曇らせたカナヲを見て、しのぶの死を悟った伊之助。

伊之助は、しのぶに優しく手当てしてもらったことや、しのぶの姿を思い出す。

怒りをあらわにしたし、伊之助は童磨へと向かっていく。

伊之助は、童磨の扇攻撃を足で払い防ぐと、一旦距離をとる。

童磨がふと見ると、伊之助はカナヲの日輪刀を取り返していたのだ。

すぐさま童磨が伊之助に迫る。

対する伊之助も、玖ノ牙で応戦。

伊之助の戦闘スタイルを面白がる童磨。

だが一瞬の隙をつかれて、童磨に猪の被り物を奪われてしまう。

伊之助の素顔を見た童磨は、伊之助の顔に見覚えがあると怪しく笑うのだった。

第160話【重なる面影・蘇る記憶】

僕たち何処かで会ったよね?という童磨の言葉を完全否定する伊之助。

そして童磨は、15年ほど前に出会った赤ん坊を抱いた女性について話しだす。

伊之助と全く同じ顔をしたその女性を、伊之助の母親だと童磨は言う。

自分には母親はいない、と童磨に斬りかかる伊之助。

母だという女性が、指切りの歌をよく歌っていたと聞くと伊之助の頭に、ふと歌が流れる。

耳なじみのある歌と共に、母の顔を思い出す伊之助。

伊之助の母・琴葉を食べるつもりはなかったと話す童磨。

だが、童磨が信者を食べていることに気付き、琴葉は伊之助を連れ寺院を飛び出す。

童磨に追われ後がなくなった琴葉は、そのまま童磨により命を奪われてしまう。

伊之助だけは、母が崖から川へ落としたため殺されずに済んだのだ。

巡り合わせは奇跡だ、と語り立ち上がる伊之助。

母と仲間を殺した鬼が目の前にいる。

童磨に対し「テメェには地獄を見せてやる」と、決意新たに構える伊之助だった。

まとめ

透き通る世界を習得し、猗窩座の頸を断った炭治郎。

気配なく背後に立ったのに、「今からお前に頸を斬る」と叫ぶあたりが炭治郎らしいですね。

頸を斬った猗窩座ですが、すぐには死にません。

なんと戦いの中で、猗窩座もまた頸を斬っても死なない鬼へと変化を始めたのです。

炭治郎・冨岡、再びピンチ。

だがそんな猗窩座は意識の中で、徐々に人間だった頃の記憶を取り戻していきます。

そして明らかになる、猗窩座の過去。

この漫画の登場人物に共通して言えることですが、過去が切なすぎますね。

父親の死を経験し、再びできた守りたい人たちも殺され。

とてつもない悲しみと空虚感に襲われる狛治。

戦いの最後、恋雪に猗窩座が抱きつくシーン。

また出会えて本当に良かった!と思わずにはいられませんでした。

長い猗窩座との戦いもついに終幕です。

一方しのぶとカナエの仇・童磨と対峙するカナヲ。

はじめは何とか渡り合っていましたが、徐々に劣勢に。

そんなカナヲのピンチを救い現れたのは、伊之助でした。

童磨との出会いは偶然ではなく必然。

なんと伊之助の母親・琴葉は童磨に殺されていたのでした。

カナヲも伊之助も、童磨に肉親を殺されたということになります。

なんという因縁の対決でしょう。

ですが相手は、上弦の弐。

2人で童磨に勝つことは出来るのでしょうか!?

猗窩座や伊之助の過去、対・猗窩座戦の終幕が描かれた18巻。

ぜひ読んでみてくださいね。

コメント

鬼滅の刃【アニメ】無限列車・遊郭編の見逃し配信はこちら!
鬼滅の刃【最新】無限列車・遊郭編の動画が見れるサービスをチェック!!
タイトルとURLをコピーしました