嘴平伊之助の過去と生い立ち。幼きころの母親の記憶

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

鬼殺隊で「獣の呼吸(けだもののこきゅう)」を我流で習得し、奪った刀で最終選別を勝ち残った嘴平伊之助(はしびらいのすけ)。

猪に育てられた過去を持つ伊之助が、なぜ人間の言葉を話せるのか、どうやって猪と出会ったのかと謎がいっぱいですね。

今回はそんな「嘴平伊之助」の生い立ちについて調べてみました。

▼▼▼動画でもご覧いただけます▼▼▼

嘴平伊之助の生い立ち

©吾峠呼世晴/集英社 コミック10巻

鬼滅の刃10巻の番外編で伊之助の生い立ちについて詳しく描かれていますが、伊之助は赤ちゃんの頃から猪に育てられていました。

猪と出会ったら間違いなく食べられるでしょ。

よく生きてたね~。

野生の猪に食い殺されることなく育ててもらえたのは、猪の母親が自分の子どもを亡くしてすぐだったからかもしれない、と描かれています。

そんな偶然ある?!

伊之助ラッキーだったね。

人間はある一定の時期に言語を聞かないと言葉を話すことが出来ないのですが、炭治郎たちが出会った伊之助は人間の言葉をきちんと話せています。

確かにオオカミに育てられた子とかって言葉がしゃべられないって聞いたことがある!

伊之助はなんで言葉がしゃべられるの?

猪が教えてくれたの?

伊之助が、人間の言葉を話すことが出来る理由は、「たかはる」という人物との出会いでした。

山に住んでいるたかはるとの出会い

伊之助が住んでいた山には「たかはる」という青年と、その祖父が暮らしていました。

そして、そのたかはるの祖父が伊之助に言葉を教えていたのでした。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック10巻

その後、祖父は物忘れが激しくなってきていて、たかはるが何度も「奇妙な動物にエサをやるな!」と言ってもすぐ忘れて伊之助を可愛がっていました。

それだけではなく、祖父は伊之助に百人一首の読み聞かせまでしていました。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック10巻

1~2歳のちょうど言葉を覚える時期の伊之助に一生懸命百人一首を読み聞かせてあげた結果、伊之助は人間の言葉を覚えることができるようになっていきます。

自分の名前が「伊之助」ということも理解することが出来るようにもなりました。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック10巻

伊之助はそれから、ふんどしに名前を残してくれていたおかげで自分の名前を理解し、言葉はかなり荒いですが喋られるようになっていきます。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック10巻

言葉の荒さは伊之助の性格かもしれませんが、これで伊之助が人間として困らないで生きていくことが出来るようになりました。

そして、この「伊之助」とふんどしに名前を残した人物こそ伊之助の母親「琴葉」だったんです。

伊之助の過去!母親が実在した?!

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

伊之助にそっくりな顔をした琴葉こそが伊之助の母親だったのです。

琴葉が上弦の弐:童磨(どうま)の元で暮らしていたのには理由がありました。

嘴平琴葉が童磨の元で暮らしていた理由

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

琴葉は17、8歳で伊之助を生んでいました。

幸せな暮らしをしていたわけではなく、琴葉の夫は琴葉を毎日のように殴っていて、姑にもいじめられていました。

伊之助に手をあげようとした夫から伊之助を守るため、に琴葉は家を飛び出し、童磨の「万世極楽教(まんせいごくらくきょう)」の寺院に逃げ込んでいきます。

この、万世極楽教は身寄りがなく困った人たちなどが集まる寺院で、そこに集まる信者を童磨は食い物にして暮らしていたのでした。

琴葉は、心がきれいだったので童磨に気に入られて、喰われずに生き延びて楽しく過ごしていました。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

ところがある日、琴葉は童磨が信者を喰っているところを目撃し童磨の寺院から逃げ出します。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

必死に逃げる琴葉ですが道に迷ってしまい、崖から伊之助を落として自分は童磨に喰われてしまいました。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

この話を聞いているとき、伊之助は15年前の記憶をうっすらと思い出します。

思い出したのは、琴葉が歌う「ゆびきり」の歌

童磨にこの歌のことを話されてはっきりと母親の記憶を取り戻していきます。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

二人とも殺されてしまうなら伊之助だけでも、と一縷の望みをかけて伊之助を崖から川へ落とす琴葉。

そしてその後、 琴葉は童磨に骨まで残さず食べられてしまいました。

「命にかえても伊之助を守る」と言っていた琴葉の言葉通り、伊之助はこの後奇跡的に助かり、猪に育てられて鬼殺隊に入隊するまでになりました。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

「自分に母親はいない」「自分は捨てられた」と思って生きてきた伊之助でしたが、本当は母親の命がけの愛情に包まれて生きていたことに気付きます。

その宿敵が目の前にいる童磨だったのです。

この後、伊之助はカナヲとともに童磨を倒して、見事母親の仇を打つことが出来ました。

まとめ

伊之助は親に捨てられた捨て子ではありませんでした。

  • 母親である琴葉が命がけで伊之助を守った
  • わが子を亡くしたばかりの猪が伊之助を育ててくれた
  • 山に住む青年家族が伊之助に言葉を教えてくれた
  • 山で出会った鬼殺隊から詳細を聞いて鬼殺隊に我流「獣の呼吸」で入隊する
  • 母親の仇、上弦の弐:童磨を倒し仇を打つことができた

これらの事から、いくつもの奇跡が重なって今の伊之助があるということがわかりました。

今回、調べれば調べるほど、伊之助への母親の愛情の深さを知ることが出来て感動しかありません。

たくさんの人に支えられ、精神力も剣技も素晴らしい伊之助が存在していたんですね。

今回は伊之助の生い立ち、過去について解説しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

コメント

  1. ちくわの春巻き より:

    伊之助に悲しい過去があったんですね。
    伊之助がとても可哀想

タイトルとURLをコピーしました