鬼滅の刃 岩柱・悲鳴嶼行冥が鬼殺隊最強である5つの理由

悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)

鬼殺隊の中に柱は9人いますが、一人抜きん出た存在である岩柱・悲鳴嶼行冥は鬼殺隊最強と言われています。

それはなぜか?

  • 規格外の体格
  • 強靭なメンタル
  • 超重量級の武器
  • とてつもない腕力
  • 岩の呼吸の必殺技

これだけでも他の柱にはない圧倒的なパワー、破壊力を感じます。

この記事では、そんな悲鳴嶼行冥最強の理由5つを詳しく解説していきたいと思います。

まず体格がスゴイ!

身長:220cm 体重:130kg

大正時代の平均身長は17歳の男でおよそ160㎝、女はおよそ149㎝だったようです。

まあ現代に置き換えても馬鹿デカくてかなりの重量級です。

そんな悲鳴嶼行冥が初めて鬼を殺すのが、寺にいた子供を守るために無我夢中で鬼を殴り続けた時でした。

そこで「生まれてはじめて全身の力を込めて奮った拳は自分でも恐ろしい威力だった」と回想していますが、全くの一般人が鬼を殴り殺すってこの時点で普通じゃない凄いポテンシャルですよね(-_-;)

鬼殺隊に入ってからも日々大岩を数キロ単位で動かす鍛錬を続けており、巨漢でありながらも圧倒的なスピードや俊敏性も誇ります。

また、上弦の壱・黒死牟にも「この武器を手足の如く扱える筋力、あの重量の図体でこれ程の身軽さ俊敏さ、俄には信じがたし」「これ程の剣士を拝むのは300年ぶり 極限まで練上げられた肉体の完成形」とまで言わしめるのです。

悲鳴嶼行冥は何百年も現れなかった逸材ってことですよね凄すぎます( ゚Д゚)

メンタルも最強

柱合会議では拍手一発で全員を黙らせる威厳を放ち、闘いの中でも他の隊士に指示を出したり、庇うなど状況認識能力も抜きんでていて鬼殺隊でも精神的支柱でもありますね。

匂いが全然違う。

黒死牟戦では透き通る世界を覚醒、痣も出現させます。

この痣も額ではなく両腕にひび割れた岩のような模様が浮かび上がるのがカッコイイ。闘いの中での恐ろしいほどの成長スピード。

黒死牟に痣が出た者は例外なく鬼にな25歳で死ぬから鬼になるよう誘われるが、一切心揺らぐことなく「貴様の下らぬ観念を至上のものとして他人に強要するな」と言い放つ。

柱全員そうでしょうが、命が惜しいとは思っていないゆえの覚悟、極限状態での戦闘を繰り返しているからこそ常人では到達できない域にいるのです。

超重量級の武器・それを振り回すとてつもない腕力

他の剣士が刀であるのに対し唯一、超重量級の鉄球と斧が鎖でつながれた武器

一応日輪刀であるようで、太陽光をたっぷり吸収した材料で作られており鬼に有効だが、もはや刀とは呼べませんね。

また攻撃の際、鉄球を振り回すと鬼が引き寄せられるほどの空気の流れを発生させる。

しかもブンブン鉄球を振り回すだけでなく、投擲したり空中から叩きつけたりするのだから恐ろしいです。

岩の呼吸の使い手で必殺技がスゴイ!

壱ノ型 蛇紋岩・双極】

上弦の壱・黒死牟との闘いにて

手斧を先に投げ回転させつつ鉄球も投げ、左右別々の方向から同時に攻撃する技。

【弐ノ型 天面砕き】

上弦の壱・黒死牟との闘いにて

鎖を勢いよく踏むことで、空中に投げた斧と鉄球を振り下ろす技。

【参ノ型 岩軀の膚】

鬼舞辻無惨との闘いにて

鉄球と斧を振り回し自分の周りに結界をはり相手の攻撃を切り裂く。

無惨の攻撃をことごとく防ぐ防御力!

【肆ノ型 流紋岩・速征】

上弦の壱・黒死牟との闘いにて

両手で鎖を振り回し、手斧と鉄球をぶつからせて攻撃する技。使い手自身も間合いを詰めて攻撃する速攻の型。

【伍ノ型 瓦輪刑部】

【特徴】

上弦の壱・黒死牟との闘いにて

空中から下に向かって超重量の鉄球と斧を何度も振り下ろし攻撃をする技。

どの技も超重量の鉄球と斧を自在に操り、重力加速度等もプラスせて凄まじい破壊力をもっています。

悲鳴嶼さんじゃないと出来ない必殺技ばかりです。

しかし人気はイマイチ( ;∀;)

公式キャラクター人気投票

第一回『柱』の順位
①水柱・冨岡義勇・・・4位(2190票)
②.蟲柱・胡蝶しのぶ・・・6位(1813票)
③炎柱・煉獄杏寿郎・・・7位(1021票)
④恋柱・ 甘露寺蜜璃・・・12位(280票)
⑤風柱・不死川実弥・・・15位(207票)
⑥蛇柱・伊黒伊黒小芭内・・・26位(90票)
⑦霞柱・時透無一郎・・・29位(55票)
⑧音柱・宇随天元・・・37位(14票)
⑨岩柱・悲鳴嶼行冥・・・62位(3票)
第一回は、投票期間が「2017年5月15日~5月29日」

あ~、なんて、かなしい、でも、わたしのことは、よい、のだ。

62位3票って皆さん酷くないですか⁉

ただこの時点ではまだ活躍していなかったので仕方ない部分もありますが、他の柱と比べて低すぎますよね( ;∀;)

第二回の『柱』の順位
①水柱・冨岡義勇・・・2位(13281票)
②霞柱・時透無一郎・・・3位(11948票)
③蟲柱・胡蝶しのぶ・・・5位(8787票)
④炎柱・煉獄杏寿郎・・・7位(8000票)
⑤蛇柱・伊黒伊黒小芭内・・・8位(6204票)
⑥風柱・不死川実弥・・・9位(5716票)
⑦恋柱・甘露寺蜜璃・・・12位(3714票)
⑧音柱・宇随天元・・・13位(3436票)
⑨岩柱・悲鳴嶼行冥・・・22位(843票)
第2回は、投票期間が「2020年2月3日~3月31日」

あ~、こんなに、たくさんの票、みな、ありがとう。

前回より大幅にランクアップ!

しかしやはり柱の中では最下位( ;∀;)今回は活躍したのになぜなんだ~。

柱の中で人気のなさまで最強にならなくていいのになあ(-_-;)

まとめ

現代でも滅多にいないであろう巨漢であり、なんと身長220cm体重130kgに及ぶ。

扱う武器はもやは刀ではなく超重量の鉄球と斧、悲鳴嶼行冥しか扱えないですよね。

そして現在、唯一の岩の呼吸の使い手でありその破壊力は他の追随を許さない。

上弦の壱・黒死牟や鬼舞辻無惨とも張り合える強さ。

現柱の中で最年長で威厳を放ちその圧倒的強さから鬼殺隊の中心的存在でもあります。

やはり悲鳴嶼行冥は最強です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました