十二鬼月

十二鬼月

善逸の兄弟子である獪岳(かいがく)の過去とは?実は柱のあの人とも面識があった。

雷の呼吸の後継者として善逸と共に稽古を受けていた獪岳(かいがく)。 アニメでは善逸の回想に出てきていますが、まだ顔は出ておらず、名前も「善逸の兄弟子」となっていました。 鬼殺隊にいましたが、あることがきっかけで鬼となり、無限城...
十二鬼月

【鬼滅の刃】上弦の鬼の最期とは?最強の鬼たちは何を想って最期を迎えたのか※

鬼舞辻無惨の直属の配下の中でも、最強と呼ぶにふさわしい力を持つ上弦の鬼たち。 その圧倒的な強さから柱でさえも上弦に勝つことは難しく、100年以上も顔ぶれが変わることはありませんでした。 しかし鬼殺隊の頑張りもあり、無限城の戦い...
十二鬼月

【鬼滅の刃】童磨の人間時代とは?鬼からも煙たがれる彼はどんな子供だったのか。

上弦の鬼の1人であり、女の死体を抱えながら笑うという猟奇的な姿が初登場となった童磨。 強くなるために鍛錬を続けている猗窩座を煽るような発言や、玉壺からもらった壺に女の生首を生けたりなど優しそうな顔からは想像できない行動が目立ちます。...
十二鬼月

【鬼滅の刃】上弦の鬼・最後。十二鬼月に選ばれた“上弦の鬼の最後”は如何に

[*如何に(いか-に)…物事の状態、様子、作用などを疑問に思い、ためらったり問いかけたりする意を表す。/どうなっているのかわからない対象物に対して話し相手に聞いてみたり予想したりする意を表す。] 鬼舞辻無惨 鬼になれば、 無限...
十二鬼月

【鬼滅の刃】上弦の鬼が鬼となった理由。自ら望んで鬼になったのは誰?

鬼舞辻無惨によって直属の配下として選別された最強の十二の鬼、十二鬼月。 その十二鬼月の中でもより優れた鬼とされるのが上弦の鬼です。 鬼殺隊の柱であっても上弦に勝つことは困難で、その強さを蟲柱の胡蝶しのぶは柱3人分に匹敵すると表...
十二鬼月

童磨が遊郭にいた理由。遊郭は童磨にとって最適な場所だった?

ついにアニメ遊郭編の最終回で初登場となった上弦の弐・童磨(どうま)。 鬼の中でも人気のキャラクターで、登場を楽しみにしている人も多く、私もその中の1人でした! 瀕死の状態であった妓夫太郎と堕姫を鬼に誘った人物で、当時はまだ上弦...
竈門禰豆子(かまど ねずこ)

【禰豆子と堕姫】それぞれの強さの原動力。強く優しい兄への信頼と愛情

鬼滅の刃『遊郭編』で大きく心打たれたのは、人間と鬼、双方の『兄妹の絆』でした。 どちらも自分の意志とは無関係な状況で鬼になっている禰豆子と堕姫、この二人には「強く優しい兄がいる」という共通点があります。 今回は、それぞれの強さ...
十二鬼月

上弦の壱・黒死牟は元柱だったのか?その可能性について考察

黒死牟は上弦の鬼で最も強いとされる『壱』の数字を与えられ、四百年もの間その座を守り続けた鬼です。 上弦の鬼から入れ替わりの決戦を3回申し込まれていますが、1度も負けたことはありません。 さらに鬼殺隊士たちが鬼と戦うために身に着...
十二鬼月

猗窩座が生まれたのは江戸時代のいつ頃?入れ墨・花火・上弦会議のセリフから年代を考察

『鬼滅の刃』は大正時代が舞台となっていて、人間のキャラクターはほとんどが明治時代の生まれです(鱗滝さんは江戸時代)。 では、寿命のない『鬼』はどうでしょうか? 今回は鬼の中で特に人気の『上弦の参・猗窩座』について、生まれた年代...
十二鬼月

猗窩座は童磨を嫌っている?猗窩座と童磨、2人の関係性とは

上弦の陸・妓夫太郎と堕姫が倒された後に、無惨によってすべての上弦が集結することになりました。 その時に弐の童磨が参の猗窩座に話しかけていましたが、猗窩座は無表情のまま童磨の顎に一発入れていました。 鬼は群れる生き物ではありませ...
タイトルとURLをコピーしました