サブキャラ

サブキャラ

【お堂の鬼】炭治郎が初めて遭遇した人喰い鬼の存在意義と過去を考察

『鬼滅の刃』に登場する鬼たちは、それぞれの強さや能力に差はあるものの、基本的なところは皆同じです。 その「基本的なところ」を主人公の竈門炭治郎に教えてくれたのが、最初に出遭った『お堂の鬼』でした。 そしてそれは読者・視聴者であ...
冨岡義勇(とみおか ぎゆう)

【鬼滅の刃】冨岡義勇の姉・蔦子(つたこ)とは?登場シーンや死亡した理由を解説します!

人気キャラクターの水柱・冨岡義勇には実は姉がいたことをご存じですか? 名前は「蔦子(つたこ)」と言い、両親を亡くしている義勇にとっては唯一の家族でした。 しかし彼女の登場シーンは義勇の断片的な回想シーンのわずか一コマのみ。 ...
全般

【鬼滅の刃】『藤の花の家紋の家』は、かまぼこ隊の原点!ひささんの存在も大きな鍵に!

『藤の花の家紋の家』、それは炭治郎たち「かまぼこ隊(炭治郎、禰豆子、善逸、伊之助)」が、4人全員で同じ時を過ごした最初の場所です。 その前から個別で鬼殺隊士としての任務にはついていましたが、この『藤の花の家紋の家』を出て4人が一緒に...
サブキャラ

【鬼滅の刃】珠世さんの猫『茶々丸』の性別と登場シーン。遊郭編にも登場し、最後は鬼に?!

すでにテレビアニメでも登場している「珠世さんの猫・茶々丸」。 この子の出番は、まだまだこの先にもいくつかあり、鬼殺隊にも大きく貢献することになります。 今回は、この可愛くて賢い猫の茶々丸について、解説していきたいと想います。 ...
サブキャラ

【鬼滅の刃】最終選別に登場した黒髪と白髪の正体とは?最終決戦では重要な役割を担当!

鬼殺隊になるためには、藤襲山(ふじかさねやま)と呼ばれる一年中藤の花が咲く山で行われる最終選別という試験に突破しなければなりません。 炭治郎がこの最終選別に参加した際に、案内役をしていた黒髪と白髪の子供がいました。 この黒髪と...
サブキャラ

錆兎(さびと)が炭治郎の前に現れたのはなぜ?師匠・鱗滝さんのためだったと考察してみた

錆兎(さびと)は、主人公の竈門炭治郎が鬼殺隊に入る前、師匠の鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)の下で修行していたときに出会った少年です。 そして炭治郎は修行を終えた後に挑んだ最終選別(鬼殺隊に入るための試験)で、実は錆兎は『手鬼(てお...
サブキャラ

竈門炭治郎の師匠・鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)、なぜ弟子は2人しか生き残れなかった?

『鬼滅の刃』は、主人公・竈門炭治郎が、鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻すために戦う物語です。 その炭治郎に戦い方を教えた師匠が鱗滝左近次(うろこだきさこんじ)でした。 鬼殺隊の元・水柱で、剣士たちを教える『育手(そだて)...
サブキャラ

【鬼滅の刃】産屋敷あまねはどんな人物?産屋敷耀哉の妻になったのにはある理由があった。

鬼殺隊当主であるお館様・産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)の妻である産屋敷あまね。 耀哉のそばで彼をサポートし看病を行うだけでなく、病で動けなくなった耀哉の代わりに柱合会議に参加するなど陰で鬼殺隊を支えている存在です。 容姿も美し...
サブキャラ

愈史郎(ゆしろう)が鬼になった理由と鬼殺隊への尽力を解説。一途な青年鬼が選んだ道とは?

『鬼滅の刃』では、さまざまなタイプの鬼が登場しますが、その中でも、竈門禰豆子(かまどねずこ)に次いで特異な鬼が、鬼舞辻無惨を抹殺したいと思っている「珠世(たまよ)」です。 そしてその珠世によって鬼となった唯一の個体、それが愈史郎(ゆ...
サブキャラ

産屋敷輝利哉、齢(よわい)八歳にして鬼殺隊当主へ、その後何歳まで生きたのか?

先代当主、お館様こと産屋敷耀哉亡き後九十八代目当主となった産屋敷輝利哉は齢八歳でした。 たった八歳にして無限城で愈史朗や兄妹の助力を得ながらも、陣頭指揮をとり見事に役割を果たします。 鬼撫辻無惨を倒した後、最終話で日本人最高齢...
タイトルとURLをコピーしました