鬼殺隊・隊士

鬼殺隊・隊士

【鬼滅の刃】産屋敷家の呪い、産屋敷家一族が呪われた理由とは。

代々鬼殺隊の当主を務めている産屋敷家。 未来予知とも言える特別な能力もあり、その力を使って何度も危機を乗り越えてきました。 九十七代目当主であった産屋敷耀哉は特にその力が強く、能力を使って鬼殺隊の今後の方針を決めるときにも力を使っていました...
鬼殺隊・隊士

【鬼滅の刃】柱たちが使う日輪刀一覧。色や鍔などの特徴について解説します。

鬼殺隊が鬼と戦ううえで必須の装備となっている日輪刀。 太陽の光以外で唯一鬼を倒すことができるものであり、隊士には欠かせないものです。 この日輪刀は全員が同じものを支給されるのではなく、隊士1人1人違うものが支給されています。 その中でも鬼殺...
竈門禰豆子(かまど ねずこ)

玄弥、カナヲ、禰豆子は柱になれた可能性があった?もし柱になったら肩書は?

炭治郎の同期である不死川玄弥や栗花落カナヲは、善逸や伊之助に比べると登場回数は少ないものの、階級を丁(ひのと)まで上げている実力者です。 玄弥は岩柱である悲鳴嶼行冥が師匠であり、カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子であり妹でもあります。 特に玄弥...
データ

柱に倒された鬼たちを一挙公開!外伝や小説からの情報も取り入れて解説※

鬼滅の刃では、鬼殺隊を支える存在として隊士として最高位である「柱」が存在します。 柱たちは一般隊士たちでは対応できない任務を担当することが多いため、かなりの数の鬼を討伐してきました。 討伐した鬼の中には、鬼舞辻無惨の直属の配下である十二鬼月...
キャラクター

「柱」が鬼殺隊最高位の称号である理由と、メンバーが9名である背景を考察※

鬼殺隊には、最も位が高い剣士として「柱」が存在します。 柱たちは一般隊士たちとは違い、下弦の鬼が相手であれば単独で討伐ができるほどの強さを持ちます。 現在は9名の柱が存在し、全員が個性的で魅力が詰まった人物であるため、鬼滅の刃に登場するキャ...
鬼殺隊・隊士

鬼殺隊最高位【柱】の悲しい過去ランキング。残酷すぎる柱たちの過去※

鬼殺隊を支える存在であり、当主である産屋敷耀哉からも厚い信頼を寄せられている柱たち。 現在柱である9名は、歴代の柱の中でも随一の実力者がそろっていると言われています。 読者からも人気は高く、その人気は柱の全員が人気投票で上位にランクインする...
鬼殺隊・隊士

柱稽古に不参加だった柱。柱稽古に参加しなかった理由とは※

鬼の出没がぱたりと止んだタイミングで、鬼殺隊の隊士たちの実力を底上げするために行われた柱稽古。 名前の通り、柱たちが一般隊士たちに稽古をつけるという内容です。 普段は任務が忙しくて、隊士たちの面倒を見る余裕がない柱から直接指導してもらえると...
鬼殺隊・隊士

【鬼滅の刃】無惨討伐後の鬼殺隊はどうなった?生き残った人達のその後を詳しく解説。

人気絶頂の中、惜しまれつつも連載を終了した鬼滅の刃。 無惨討伐後に鬼殺隊は解散となり、バラバラになったものの、仲間同士の交流は続いていました。 どのような交流がされていたのかは詳細が明かされずに連載が終了しましたが、中には隊士同士で結婚して...
鬼殺隊・隊士

お館様・彦屋敷輝哉はなぜ柱に慕われているのか

鬼殺隊の頂点に立つ第97代目当主・産屋敷輝哉。 鬼殺隊の隊士からは「お館様」と呼ばれ、隊士たちを我が子のように想い、鬼との戦いで命を落とした隊士に対しても一人一人の氏名を覚え弔う姿も…。 作中でも、柱たちから慕われ敬意を払われる様子が描かれ...
鬼殺隊・隊士

【鬼滅の刃】元柱(4人)の過去。柱だった時代のエピソード

鬼殺隊の中で最高位とされる柱になるためには、厳しい条件をクリアしなければなりません。 柱を引退した人の中には、後世を育てるために柱を引退後、育手として陰ながら鬼殺隊を育てている人もいます。 炭治郎の育手である鱗滝や、善逸の育手である桑島など...