【鬼滅の刃】21巻のあらすじ※ネタバレ注意

【鬼滅の刃】コミック21巻のあらすじを紹介します。

この先ネタバレを含みますのでご注意ください。

【鬼滅の刃】21巻のあらすじ※ネタバレ注意

時は大正。

炭を売る少年・炭治郎は、ある日家族を失い、妹の禰豆子は鬼に変貌する。

妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、炭治郎と禰豆子は旅立つ!!

鬼殺隊となった炭治郎は任務中、鬼舞辻と敵対している鬼・珠世と出会い、禰豆子を人に戻す手がかりを得る。

太陽を克服した禰豆子を狙い、鬼舞辻が産屋敷邸を襲撃。

無限城に突入した鬼殺隊士たちは上弦の弐・参を撃破する!!

そしてついに、上弦の壱をも倒すが、多くの犠牲を払うことに・・・。

炭治郎と残る柱たちは鬼舞辻の元へ急行する!!

引用元:吾峠呼世晴/集英社・鬼滅の刃コミック21巻

【鬼滅の刃】コミック21巻のみどころ

  • 時透・玄弥の死と兄妹の絆。
  • 鬼舞辻無惨、復活。
  • 無惨VS鬼殺隊、最終決戦の幕が上がる。
  • 竈門炭治郎死す!?
  • 始まりの剣士・縁壱の過去。

第179話【兄を想い弟を想い】

黒死牟が塵となっても向かっていく実弥を、悲鳴嶼が止める。

実弥は気を失ってもなお、動き続けていたのだ。

玄弥は半身を失い、命の終わりが近づいていた。

悲鳴嶼は、玄弥のそばに兄・実弥を寝かせると、時透のもとへ向かう。

しかしすでに亡くなっていた時透。

時透が目を開けると、そこには亡き兄・有一郎の姿が。

涙を流しながら、こっちに来るなと叫ぶ有一郎。

無駄死にという兄に対し言葉を返す時透。

時透の言葉を聞き、有一郎は死なないでほしかったと、時透を抱きしめる。

一方、目を覚ました実弥は、塵となり消えかけている玄弥の姿を目にする。

幼き日のことを謝罪する玄弥。

玄弥の言葉に、死ぬなと叫ぶ実弥。

自分の気持ちを兄に伝えた玄弥は、笑顔で消えてしまう。

弟の死に、実弥は泣き叫ぶ。

そんな実弥に、無惨を倒すまで終わりではない、と悲鳴嶼は涙を見せつつ背中を押すのだった。

第180話【恢復】

鴉によって時透・玄弥の死が伝えられ、涙を流す炭治郎。

猗窩座との戦いのあと、炭治郎は千寿郎からの手紙を読む。

すると炭治郎は、13個あるヒノカミ神楽の型のうち12個しか知らないことに気付く。

たとえ受け継ぐことは出来ていなくても、無惨を倒すのだと心に決める炭治郎。

その頃産屋敷邸では、無惨復活が近づいていることに焦っていた。

無惨のもとに向かう隊士たちに待機命令を出す、輝利哉。

だが、輝利哉の判断より早く復活した無惨を前に、多くの隊士が犠牲となる。

今までとは、様子の違う姿をしている無惨。

輝利哉は、隊士が無惨の体力回復の食糧になることを恐れていたのだ。

無惨は、消えかけている珠世に対し、嘲笑うかのように語り掛ける。

そして珠世は、無惨により消されてしまう。

無惨は次々と近くにいる鬼殺隊士たちを殺していくのだった。

第181話【大災】

沢山の隊士たちが殺され、己の采配ミスだと動揺する輝利哉。

そんな輝利哉に対し、妹・くいなが平手打ちをし、喝を入れる。

気持ちを切り替えた輝利哉は、再び無惨への対応を指示し始めた。

鎹鴉を通じて、無惨の復活が柱をはじめ、鬼殺隊士たちに伝えられる。

鳴女と対峙していた甘露寺と伊黒は、無惨のもとへ向かおうと考えを巡らせていた。

鳴女の血鬼術により、無限城内が再び動き始める。

そしてついに、炭治郎・冨岡の前に鬼舞辻無惨が現れたのだ。

家族や仲間の死を思い返し、怒りの感情とともに刀を構える炭治郎。

そんな炭治郎を落ち着かせる冨岡もまた、怒りを我慢している様子。

炭治郎たちを見た無惨は、「しつこい」と言い放つ。

「私に殺されるのは、大災に遭ったのと同じ」と、人間の死をなんとも思っていない無惨。

無惨の言葉に、炭治郎の表情が変わる。

炭治郎は、無惨は存在してはいけない生き物だ、と無惨に向けて言うのだった。

第182話【激怒】

炭治郎は、今までに感じた事がないほどの厭悪(えんお)を無惨に対し感じる。

頸を斬っても死なない無惨を、どうにか太陽のもとに引きずり出さなければ。

これからが本当の戦いだと、炭治郎は気を引き締めた。

無惨の攻撃が2人を襲う。

刃物のような切れ味の腕が、凄まじい速さで伸縮。

間合いもとんでもなく、感覚で避けるだけが精一杯。

何とか攻撃を避け、間合いを詰めた炭治郎。

だがその刹那、炭治郎の視界が揺れる。

気付かぬ間に、無惨の攻撃によって片目を潰されてしまった炭治郎。

逃げ回る2人に無惨は、伊黒と甘露寺が鳴女によって殺されたと語る。

匂いで攻撃を回避しようとする炭治郎だが、壁にぶつかってしまう。

無惨の攻撃が迫り、絶体絶命の炭治郎を救ったのは、死んだはずの甘露寺・伊黒。

情報の誤りを鳴女に問う無惨。

実は鳴女の視界を愈史郎が操り、偽の情報を流したのだ。

珠世を殺され怒る愈史郎は、鳴女を操作し無惨を地上へ叩きだそうと考えていたのだった。

第183話【鬩ぎ合い】

愈史郎の作戦で、激しく移動を始める無限城。

鳴女と対峙していた際、甘露寺と合流した愈史郎。

愈史郎は、甘露寺に今回の作戦を簡単に伝え、協力を仰いだのだ。

一方の無惨も、鳴女を誰かが操っていることに気付いていた。

愈史郎を細胞ごと吸収しようとしはじめる無惨。

鳴女を通して、愈史郎と無惨の鬩ぎ合いも激しくなる。

無惨の気をそらすため、伊黒・冨岡が無惨に攻撃を仕掛けた。

無限城の移動を阻止するため、無惨は鳴女を殺してしまう。

愈史郎は鳴女の細胞が死滅する前に、無惨と隊士たちを地上に出そうと奮闘。

炭治郎や柱たちも攻撃を試みるが、無惨の攻撃を避けるので精一杯。

無惨の攻撃が迫りピンチに陥る甘露寺を、炭治郎が日輪刀を投げつけ救う。

そして激しい衝撃と共に、とうとう無限城が地上へと押しだされたのだった。

第184話【戦線離脱】

無惨がついに地上へ。

だが飛び出た場所は、輝利哉たちの予想をはるかに外れた市街地。

さらに、夜明けまでまだ1時間半もあるという状況だ。

瓦礫の中から、無惨が現れる。

怒りの様子の無惨の攻撃は、さらに激しさを増す。

腕の攻撃に加え、背中に生えた鞭のようなものでの攻撃。

柱たちは、攻撃の合間を縫って無惨の頸を狙う。

伊黒の刀が無惨の頸を斬る。

しかし無惨は、斬られた瞬間に再生してし、斬ること自体が不可能なのだ。

間合いに近づきすぎた柱たちに無惨の攻撃が迫る。

柱や炭治郎を攻撃から庇ったのは、他の隊士たち。

仲間に続こうとする炭治郎だが、突然吐血し倒れてしまう。

私に傷つけられた者は終わる、と語る無惨。

無惨の視線の先には、変わり果て倒れる炭治郎の姿が。

攻撃に混ざられている血は、猛毒と同じだという無惨。

そして無惨は、「竈門炭治郎は死んだ」と言い放つのだった。

第185話【匂いのない世界】

珠世の薬により、床に伏せていた禰豆子に亡き父が語り掛ける。

炭治郎が危ない、という言葉に目を覚まし立ち上がる禰豆子。

そして禰豆子は扉を蹴破り、急に走り出す、

突然の出来事に、禰豆子を追うか迷う輝利哉。

悩む輝利哉の肩に、亡き父・耀哉が触れ、禰豆子は好きにさせるよう語った。

森の中を、加速し走る禰豆子。

そのスピードは、鱗滝でも追いつけないほど。

父の面影に導かれ、禰豆子は炭治郎のもとへと急いだ。

一方、無惨と対峙する、冨岡・伊黒・甘露寺。

無惨の攻撃が迫る甘露寺を、駆けつけた悲鳴嶼が救う。

実弥も駆け付け、戦いに参戦。

冨岡は、傍にいた村田に炭治郎の手当てを託す。

炭治郎は、ふと青空の下に立っていた。              

そして自分が、匂いも何もない世界にいる事に気付くのだった。

第186話【古の記憶】

見慣れない景色に、走馬灯かと戸惑う炭治郎。

足元には見なれない子どもがおり、自分のことを父さんと呼んでいた。

子どもが指さす方を見ると、そこには、始まりの呼吸の剣士・縁壱が。

縁側に座り、誰かに話を聞いてほしかったと語り始める縁壱。

13番目の型について聞きたい炭治郎だが、思ったことが全然話せない。

縁壱は、母や兄のこと、家を出た時のことなどを話す。

出家のため寺に向かおうとしたのを止め、一昼夜走り続けたという縁壱。

走り続けた縁壱は少女・うたと出会う。

うたの話を聞き、一緒にうたの家で暮らすことになった縁壱。

10年後、夫婦となった縁壱とうた。

だがある日、出掛けた縁壱が家へ戻ると、うたと腹の子は殺されてしまっていたのだ。

うたの亡きあと、鬼狩りとなった縁壱は、みなに呼吸を教えた。

それから間もなく、鬼の始祖・鬼舞辻無惨と出会った縁壱。

無惨と出会った瞬間、自分は無惨を倒すために生まれてきたのだ、と縁壱は確信したのだった。

第187話【無垢なる人】

無惨の速さと間合いの広さに、生まれてはじめて背筋がひやりとした縁壱。

“透き通る世界”で見た無惨の体には、7つの心臓と5つの脳があった。

縁壱の斬撃が、無惨の体を斬り裂く。

とどめを刺そうと、縁壱が無惨に一歩近づいたその時。

無惨の肉体は、突然弾け飛んだ。

1800に散らばった肉片のうち、1500と少しをその場で斬った縁壱。

だが、残りの小さな肉片は縁壱から逃れるように消えてしまう。

その後、駆けつけた仲間から兄が鬼になった事を聞く。

鬼舞辻を逃がしたことも含め、諸々の責任を取り縁壱は、鬼狩りを追放。

炭吉にこれまでのことを話し、縁壱は心苦しいと呟く。

深く傷ついた縁壱に、炭吉の子が抱っこをしてほしいと近づいた。

抱っこされ喜ぶ子どもを見た瞬間、縁壱の目から涙が溢れ出た。

帰ってきた炭吉の妻が、泣いてしゃがみ込む縁壱の頭をなでる。

炭吉を通して一連を見ていた炭治郎。

炭治郎は、縁壱の心が少しでも救われることを願わずにはいられなかった。

まとめ

仲間が犠牲になってしまうが、なんとか上弦の壱・黒死牟に勝利した悲鳴嶼と実弥。

時透と兄・有一郎の会話。

玄弥と実弥のやり取り。

兄妹の絆と切なさに涙が止まりませんでした。

一方、ついに鬼舞辻無惨が復活してしまいます。

見た目も、以前とは全く異なっていました。

復活するやいなや、鬼殺隊士たちを大量虐殺し、体力を回復する無惨。

正真正銘の鬼ですね。

そしてついに、炭治郎はじめ、柱が無惨のもとへ。

しかし、無惨の圧倒的な強さに大苦戦の炭治郎たち。

そんな中、珠世の願いで隊士に扮していた愈史郎が、鳴女の視覚を乗っ取ります。

愈史郎の力もあり、無惨を地上に叩きだすことに成功。

しかし外はまだ夜。

夜明けまで1時間半という状況でした。

そして戦いのなか、無惨の攻撃を受け倒れてしまった炭治郎。

無惨は、炭治郎は死んだのだと語るのでした。

無惨の言葉は、本当なのでしょうか!?

炭治郎の危機を受け、眠っていた禰豆子も炭治郎のもとに向かうのでした。

意識を失った炭治郎は、記憶の遺伝の中で始まりの呼吸の剣士・縁壱と遭遇。

縁壱の話に出てきた無惨の体の構造。

心臓が7つに脳が5つ。

そんなにあるの!?と驚きでしたね。

この情報が今後の戦いに役立ってくるのでしょうか?

それ以前に、炭治郎は本当に死んでしまったのでしょうか。

続きが気になり過ぎますね。

無惨の復活や、最終決戦、縁壱の過去など盛りだくさんの21巻。

ぜひ読んでみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました