「鬼滅の刃」劇場版の曲徹底解説!いい曲!泣ける!「炎」だけじゃない!?

劇場版

 ・鬼滅の刃劇場版を見たら、エンドロールでもっと泣いちゃった……
 ・主題歌、なんて曲? めちゃくちゃいい曲だった!
 ・他にも聞いたことのある曲がある気がする……

そんな思いの方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、鬼滅の刃 劇場版にて使われた曲について解説します。

本作の魅力の一つである「音楽」。

「曲」も知れば、鬼滅の刃劇場版をもっと楽しめること間違いなしです!

鬼滅の刃劇場版の曲、主題歌は「炎」LiSA

LiSA 『炎』 -MUSiC CLiP-

作詞 梶浦由記、LiSA

作曲 梶浦由記

「ほのお」ではなく、「ほむら」と読みますので注意です。

きつね
きつね

私はずっと「ほのお」と読んでいました。恥ずかしい!

切ない、胸に迫るようなバラードに、LiSAさんの力強く感情の籠められた歌唱が乗っています。

煉獄杏寿郎を失った人達の悲しみと決意が籠もったような歌詞も、胸に突き刺さるようです。

きつね
きつね

私は映画から帰ってきて、すぐにダウンロードしました。
もう何回聞いたかわかりません。
1サビの「手を取りそして離した、未来のために」という歌詞が、炭治郎たちと煉獄杏寿郎の死別を示しているようで胸が締め付けられます……

鬼滅の刃劇場版は曲と映像でエンドロールまで泣ける! 

鬼滅の刃劇場版のエンドロールでは、LiSAさんの歌唱する「炎」に乗せ、劇場版で亡くなった煉獄杏寿郎の姿が次々と映し出されます。

子供の頃、鴉からの伝令を聞いているところ……

最後には煉獄杏寿郎の、猗窩座によって折られた刀が映し出されています。

音楽と相俟って、「エンドロールでも泣ける」作品に仕上がっています。

きつね
きつね

私は鬼滅の刃劇場版を4回見ましたが、エンドロールで席を立っている人は未だ見たことがないです。
私も立てません。
エンドロールも昨品の一部だと思っています。

作詞を梶浦さんと合同で担当されたLiSAさん自身が、インタビューにて「映画のことを引きずるような曲を書いた」とおっしゃっています。

言っての通り、エンドロールが始まっても席を立てない、終わっても席を立てない。

そんな壮絶な作品に仕上がっているように思います。

・作詞、作曲されたのはどんな方?

作詞・作曲 梶浦由記さん

作詞家、作曲家。

see-sawやKalafinaのプロデュースを手掛けるほか、アニメやゲームの音楽を担当していらっしゃいます。

鬼滅の刃の劇伴音楽も、梶浦さん/椎名豪さんが担当していらっしゃいます。

きつね
きつね

ガンダムSEEDの主題歌だった「あんなに一緒だったのに」、ご存知の方も多いのではないでしょうか?
私も大好きです。
鬼滅の刃の音楽が素晴らしいのも納得ですね。

作詞・歌唱 LiSAさん

アニソン歌手。

これまで数々大ヒットアニメの主題歌を手掛け、「紅蓮華」で紅白歌合戦への初出場を果たしています。

きつね
きつね

炭治郎の奮戦がスクリーンに映し出される中、渾身の歌唱をみせたLiSAさんのパフォーマンスには鳥肌が立ちました!

「紅蓮華」で作詞を担当されたLiSAさん。

「炎」に関しても歌唱だけではなく、梶浦由記さんと合同で作詞に取り組んでいらっしゃいます。

この歌唱も素晴らしい!The first take

LiSA – 炎 / THE FIRST TAKE


旬のアーティストを呼び、一発撮りで歌を届けてもらうというYoutubeの人気企画です。

こちらでLiSAさんは「炎」の歌唱を披露されています。

原曲よりややローテンポの、切ないピアノアレンジに乗って、伸びやかなLiSAさんの声が響きます。

まるで一つ一つの言葉を噛み締めながら語りかけてくるかのようなLiSAさんの歌唱は、号泣必至です

きつね
きつね

私は最後、LiSAさんが涙を流されていたのにつられて泣いてしまいました。
涙を流されるほど魂を削って作られた「炎」。
鬼滅の刃劇場版の主題歌が「炎」で、本当に良かったと思えます。

「炎」での紅白歌合戦出場はあるのか?

LiSAさんは昨年、鬼滅の刃アニメシリーズの主題歌である「紅蓮華」で歌合戦への初出場を果たしています。

映画は未曾有の大ヒットをしていますし、こうなると「二度目の紅白歌合戦出場はあるのか?」が気になりますよね。

なんと、LiSAさんは二度目の紅白歌合戦出場を決めています!

歌唱曲は発表されていませんが、恐らく「炎」でしょう。

ワクワクドキドキ待ちたいですね!

きつね
きつね

「炎」の歌唱、とても楽しみです。
きっと泣いてしまいますが、それでもあの場で歌うLiSAさんをもう一度みたいです。

「炎」だけじゃない!鬼滅の刃劇場版もう一つの泣け曲、「竈門炭治郎のうた」


 皆さん、炭治郎が夢の中で家族に別れを告げ、鬼殺隊士として走り始めたところで流れていた曲を覚えていらっしゃいますか? 

きつね
きつね

私はあの場面で大泣きしてしまい、マスクがぐちゃぐちゃになりました。
同じ経験をされている方も多いと思います。

家族と離れる場面で流れていた曲は、鬼滅の刃アニメシリーズで流れていたオリジナル曲のピアノアレンジなのです!

タイトルはその名もズバリ「竈門炭治郎のうた」。

この稿では、「竈門炭治郎のうた」がどんな曲なのか解説していこうと思います。

竃門炭治郎のうたとは

 作詞 ufotable
 作曲 椎名豪
 歌唱 中川奈美

「鬼滅の刃 劇場版」においても音楽を担当されている椎名豪さんの作曲。

静かなバラードに乗せて、美しくも儚いボーカルが響きます。

鬼滅の刃 × 竈門炭治郎のうた【歌詞付き】

いつ流れたの?

TVアニメ19話の挿入歌、及びエンディングテーマです。歌唱付きで流れています。

下弦の伍、累に禰豆子を奪われた炭治郎が、ヒノカミ神楽の呼吸を使って累を斬ったシーンで流れました。

きつね
きつね

このシーンは神演出として有名ですよね!
鬼滅の刃のイベントでも歌唱されたようです。

「竈門炭治郎のうた」歌詞を知ると、鬼滅の刃劇場版がもっと泣ける

目を閉じて 思い出す

過ぎ去りし あの頃の

戻れない 帰れない

広がった 深い闇

戻れない 帰れない

広がった 深い闇

泣きたくなるような 優しい音

どんなに苦しくても 前へ 前へ 進め 絶望断ち

失っても 失っても 生きていくしかない

どんなに打ちのめされても 守るものがある

https://utaten.com/lyric/sa19112890/より引用


作詞はufotableが担当しています。

家族を失い、それでも鬼殺隊士として禰豆子を守るために前に進むしかない炭治郎の悲壮な覚悟が表れた歌詞です。

きつね
きつね

劇場版で家族に別れを告げる際の、「でももう俺は失った」という言葉にシンクロするような歌詞です。 
どうして炭治郎は失わなくてはならなかったのだろう。
失って、失って、それでも前に進まなくてはいけないのだろう。
もともと号泣シーンでしたが、歌詞を知っていると、もっと泣いてしまいそうです。

まとめ

  • 劇場版鬼滅の刃 無限列車編の主題歌は、LiSA「炎」
  • LiSAさんは紅白歌合戦への出場を決めており、「炎」の歌唱が期待される
  • 「竃門炭治郎のうた」など、泣け曲は他にもあった

いかがでしたか?

まだ映画を見られていない皆さんも、「もう一回見に行くよ!」という皆さんも。

是非「音楽」に着目して見てください!

この記事を書いた人

鬼滅の刃大好き駆け出しライター。
劇場版を4回見に行ったことで有名。
まだまだ行きます!
推しは猗窩座と冨岡義勇。

小野アヅサをフォローする
劇場版
シェアする
鬼滅ねっと

コメント

タイトルとURLをコピーしました