竈門炭治郎(かまど たんじろう)

最強の呼吸・日の呼吸の13の型は何を意味していたのか。正体について解説します。

鬼殺隊には、鬼と戦うために隊士たちはみな全集中の呼吸の習得が必須となっています。 日の呼吸も数ある呼吸の中の1つで、一番初めに誕生した「始まりの呼吸」です。 最強の呼吸とも言われる日の呼吸ですが、ある事件がきっかけで鬼殺隊からは使い手がすべ...
竈門禰豆子(かまど ねずこ)

玄弥、カナヲ、禰豆子は柱になれた可能性があった?もし柱になったら肩書は?

炭治郎の同期である不死川玄弥や栗花落カナヲは、善逸や伊之助に比べると登場回数は少ないものの、階級を丁(ひのと)まで上げている実力者です。 玄弥は岩柱である悲鳴嶼行冥が師匠であり、カナヲは蟲柱の胡蝶しのぶの継子であり妹でもあります。 特に玄弥...
データ

炭治郎が痣を発現した理由を考察!物語の序盤と比べるとどのような変化があったのか。

鬼殺隊に入隊するためには、人間離れした鬼と戦うために、自身の身体能力を向上させるために全集中の呼吸の取得が必須となります。 そして、全集中の呼吸の呼吸をさらに極めることができると、全集中の呼吸・常中を習得し、さらに身体能力を向上させることが...
十二鬼月

上弦の弐・童磨の過去とは?人間時代の歪んだ経験が原因でサイコパスになってしまった?

無惨が選んだ直属の配下である十二鬼月の中で、鬼の中で2番目に強いという上弦の弐に位置している童磨。 初登場の時は上弦の陸であったため、鬼の中で唯一昇格したことが判明した鬼でもあります。 他の鬼とは違い、見た目は人間の容姿と変わりありません。...
サブキャラ

【鬼滅の刃】本編に登場しない鬼とは?アニメや小説でしか登場していない鬼を紹介。

アニメ化をきっかけに、日本を代表するアニメとなった鬼滅の刃には、さまざまな鬼が登場します。 無惨をはじめ、十二鬼月の鬼は敵でありながらもどこか魅力的であり、人気が高いキャラクターも多いですよね。 本編ではたくさんの鬼が登場していますが、実は...
サブキャラ

炭治郎の父親・炭十郎は何者なのか?正体や鬼殺隊との関係について考察。

鬼滅の刃の主人公・竈門炭治郎や禰豆子の父親である竈門炭十郎(かまどたんじゅうろう)。 炭治郎は炭十郎のことを穏やかな人と言っており、確かに回想で登場する炭十郎は、優しく微笑んでいる表情が多いですよね。 炭治郎にヒノカミ神楽を伝えたのも炭十郎...
鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)

鬼舞辻無惨の正体とは?鬼になった理由や過去についてまとめてみた。

鬼の始祖であり、炭治郎の家族の仇でもある鬼舞辻無惨。 愈史郎以外に登場するすべての鬼は、無惨によって人間から鬼へと変えられました。 圧倒的な強さですべての鬼を支配し、無惨の気分次第では十二鬼月に上り詰めた鬼であっても殺されることもあり、まさ...
竈門炭治郎(かまど たんじろう)

鬼殺隊の次期柱候補は誰?炭治郎は柱になるのか考察してみた。

その名前のとおり、鬼殺隊を支える存在である「柱」。 ほとんどの隊士たちは、柱にたどり着く前に鬼との戦いで殉職してしまうため、柱になれるのはほんの一握りの人たちです。 現在柱となっている9人も、厳しい戦いを何度も経験して柱となりました。 柱に...
十二鬼月

【鬼滅の刃】黒死牟が鬼となった理由。弟・縁壱への激しい嫉妬が関係していた。

十二鬼月発足後、一度も上弦の壱の座を譲ることはなかった最強の鬼・黒死牟。 古参の鬼であり、無惨が最も信頼をしていた鬼でもあります。 黒死牟と対峙した際に、単独で上弦の鬼を倒した無一郎でさえも激しい恐怖を感じていました。 実は黒死牟は人間の時...
キャラクター

鬼殺隊【柱】が死亡した順番と、その戦いの軌跡※

鬼殺隊を支える存在として、最前線で人々を鬼から守るために戦っている柱たち。 柱たちのほとんどが十二鬼月との戦いを経験しており、今では下弦の鬼が相手であれば圧倒するほどの力を持ちます。 特に無惨や上弦の鬼たちとの戦いでは、激しい戦いを繰り広げ...
タイトルとURLをコピーしました