未分類

竈門炭治郎の祖先、炭吉とは?縁壱や日の呼吸との関係について

鬼滅の刃の終盤、竈門炭治郎が祖先の夢(記憶のようなもの)を見る場面が存在します。 祖先は日の呼吸の使い手と出会い、その呼吸を伝えられる事になりました。 炭治郎は無惨と戦い、絶体絶命の儒教に追い込まれたときにその記憶を子孫として...
十二鬼月

上弦の弐・童磨の過去!仲間にも嫌われているイケメン鬼の存在意義と、意外な人気の理由を考察

『鬼滅の刃』はたくさんの魅力が詰まった物語ですが、その魅力の中のひとつとして「鬼たちが人間だった頃の哀しい過去にグッとくる」ということが挙げられます。 しかし、上弦の弐・童磨の過去は、かなり特殊。 そこで、今回は童磨の過去を紹...
時透無一郎(ときとう むいちろう)

【鬼滅の刃】霞柱・時透無一郎の生い立ち。記憶を無くした悲しい過去とは?

柱の中で最年少である霞柱・時透無一郎(ときとうむいちろう)。 刀を握ってわずか2か月で柱にまで上り詰めた天才剣士です。 物事をすぐに忘れてしまう記憶障害があり、柱合裁判で炭治郎の処分を結成する際も「すぐに忘れるので」とあまり興...
キャラクター

宇髄天元がかっこいいと言われる理由を徹底考察!!顔面だけじゃないかっこいい部分を見ていこう。

皆さんは、音柱・宇髄天元のかっこよさを知っていますか?? ぜんいつ おめーのツラだよ 普通に男前じゃねえか ふざけんなよ 善逸を嫉妬に狂わせたほどの顔面とは、いったいどのくらいイケメンなのか気になります。 上弦陸...
未分類

【鬼滅の刃】12巻のネタバレ、あらすじ。感想と考察

【鬼滅の刃】12巻のネタバレ、あらすじを紹介します。 ※この先ネタバレを含みますので知りたくない方はご注意ください。 【鬼滅の刃】12巻のネタバレ、あらすじ あらすじ時は大正。炭を売る少年・炭治郎は、ある日家族を失い、妹...
未分類

冨岡義勇「生殺与奪の権を他人に握らせるな!」の長セリフ『生殺与奪』とは?

みなさん【鬼滅の刃】を日々感じてますか? 心をド派手に燃やして「ムフフ」してますか?🔥(笑) さて、今回の記事は、 [水柱(みずばしら)]冨岡義勇(とみおかぎゆう)の一生分とも言える長セリフ、「生殺与奪(...
未分類

嘴平伊之助の口癖は?言葉から見える伊之助の成長

鬼滅の刃に登場するキャラクターたちには印象深いセリフや口癖があります。 それは時に感動を生み出し、またある時には人を笑顔にするようなものです。 誰もがそれぞれのドラマとともに、様々な言葉を発します。 嘴平伊之助もまた例外...
胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)

【鬼滅の刃】蟲柱・胡蝶しのぶの生い立ちとは?優しい笑顔の下に隠された壮絶な過去とは。

数少ない女性隊士であり、鬼殺隊士の最高位である柱の1人でもある胡蝶しのぶ。 怪我をした隊士たちの治療も行い、炭治郎たちも那田蜘蛛山(なたぐもやま)の決戦後、重傷を負っていたため蝶屋敷で治療してもらっていました。 柱の中で唯一継...
嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

嘴平伊之助と栗花落カナヲが挑んだ上弦の弐・童磨戦!目的は共に「家族の仇討ち」、その結末とは?

嘴平伊之助と栗花落カナヲは、共に『鬼滅の刃』の主人公・竈門炭治郎と鬼殺隊の同期で、更に「幼いときに家族と離ればなれになった」という共通点もあります。 そしてそのことが『上弦の弐・童磨』と深く関わることになっていきます。 ...
我妻善逸(あがつま ぜんいつ)

鬼滅の刃・遊郭編で善逸は起きていると勘違いするほどしっかりしている?炭治郎と伊之助が初めて見る善逸の寝ている時の強さとは。

遊郭編の善逸が、起きているように覚醒していると言われている事を知っていますか? 善逸と言えばヘタレキャラとされてしまうくらいに、鬼を怖がり叫びまくっているイメージが強い方が多いと思います。 ©吾峠呼世晴 集英社 鬼滅の...
タイトルとURLをコピーしました