産屋敷家の呪いとは?一族が短命なのには鬼舞辻無惨が深く関係していた。

鬼殺隊・隊士

代々鬼殺隊の当主を務めており、鬼の始祖である鬼舞辻無惨の討伐を悲願としている一族である産屋敷家。

鬼滅の刃は大正時代の設定ですが、産屋敷家は平安時代から続く歴史ある一族です。

産屋敷耀哉は歴代の当主たちの中でもカリスマ性がずば抜けており、個性が強い柱たちもとても信頼されています。

耀哉はまだ23歳であるにも関わらず体が弱く、遊郭編の時には寝たきりに近い状態になってしまいました。

その原因は、産屋敷家がある出来事がきっかけで一族が呪われてしまったからなのです。

今回の記事では、産屋敷家がかけられた呪いについて詳しく解説していきます!

産屋敷家の呪いとは

©吾峠呼世晴/集英社 コミック6巻

産屋敷家は「一族の子供は病弱に生まれ、すぐに死んでしまう」という呪いをかけられています。

実は無惨と産屋敷家は同じ血筋であり、血筋から無惨のような鬼を出してしまったため、産屋敷家はこのような呪いをかけられてしまったのです。

産屋敷家の人間は体が弱く鬼を倒すための力や体力はありませんが、当主たちはみな人をまとめることに長けた能力があり、鬼殺隊士たちをまとめる当主という立ち位置を代々務めています。

男の子は1人を残して他の兄弟はみんな亡くなる

産屋敷家に男子が複数人生まれた場合、1人以外はみんな早くに亡くなってしまいます。

97代目当主である産屋敷耀哉にも兄弟がいましたが、みんな呪いによって耀哉よりも早く亡くなってしまい、耀哉が当主を務めることになりました。

女の子は13歳までに結婚して苗字を変えることができなかった場合は、どんなに気を付けていても事故や病気で亡くなってしまいます。

耀哉が当主になったのはまだ4歳の時でした。耀哉の父は繊細な心の持ち主で、隊士たちが鬼との戦いで傷つき、亡くなることに耐え切れなくなり自殺しまいました。

長生きできるよう神職の一族から妻を貰う

©吾峠呼世晴/集英社 コミック14巻

呪いのせいで子供が長く生きられなくなってしまったため、対策として代々当主は神職の家系である女性から妻をもらいます。

神職の家系の女性を妻にすることで寿命を延ばすことができるようになりましたが、それでも30歳になる前にみんな亡くなりました。

耀哉の妻であるあまねも神職の家系の生まれであり、それがきっかけで2人は結婚しました。

産屋敷家は呪いの影響で長生きができないため、子孫を残すためにも耀哉が13歳、あまねが17歳の時に結婚しています。

きつね
きつね

あまねは初めは結婚に対して迷いがありましたが、立場上断ることはできません。そんなあまねを見て耀哉は「貴方が嫌なら私からこの話は断ります」とあまねを気遣う言葉を掛けたのです。自分よりも相手を気遣ってくれる耀哉に惹かれ、あまねは結婚を決めました。

鬼舞辻無惨を倒し、呪いが解かれる

©吾峠呼世晴/集英社 コミック23巻

鬼殺隊が一丸となって鬼舞辻無惨を倒したのは98代目当主、産屋敷輝利哉の時でした。

鬼滅の刃の最終話では炭治郎たちの子孫が鬼のいない世界で平和に暮らす様子が描かれていましたが、驚くことにそこには輝利哉の姿も!!

なんと日本最高齢を記録し、記者にインタビューされている姿がテレビに映っていたのです。

子供の時の面影はなく、すっかりおじいちゃんになっていましたが、長生きしている姿を見れて呪いが解けたことが分かりました。

まとめ

©吾峠呼世晴/集英社 コミック16巻

産屋敷家の呪いについて解説しました。

耀哉と無惨の顔が少し似ていると思っていましたが、2人が同じ一族の生まれだったことは驚きです!

平安時代から続く呪いのせいで一族は存続の危機が何度も訪れましたが、鬼殺隊が一丸となって無惨を倒すことができ、呪いから解放されました。

これからは鬼や呪いのことは気にせずに、平和な日常を過ごしてほしいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました