鬼滅の刃【無限列車・遊郭編】見逃し配信!

無料期間あり・動画サービス一覧

詳細はこちら

嘴平伊之助と胡蝶しのぶの関係とは?伊之助が胡蝶しのぶに抱いていた想いと母親の記憶について噂の真相を徹底解説

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

初めに、伊之助と胡蝶しのぶ(以降、しのぶと表記)は関係ありません。

血縁関係もありませんし、柱と後輩隊士と言う関係しかありません。

しかし、伊之助としのぶは姉弟なのでは??親子なのでは??と言う噂を聞いたことがありませんか?

伊之助自身がしのぶを慕っている描写もあったりするので、その噂を助長させている気がします。

実は、しのぶを慕う理由には伊之助の母親との記憶が関係していました。

今回は、伊之助としのぶがなぜ関係が深いと言われているのかを掘り下げていきたいと思います。

嘴平伊之助と胡蝶しのぶの関係は?姉弟や親子と噂される理由は?

母親の死を知った時

伊之助はしのぶが自分の母親なのではと思っていたようです。

直接的な表現はありませんが、しのぶが亡くなったと知った時に思い出した光景がありました。

それは『指きりげんまん』でした。

©吾峠呼世晴 集英社 鬼滅の刃18巻

伊之助にとって『指きりげんまん』は母親の唯一の記憶でした。

ぼやっと覚えているのか、幻想なのかは分かりませんが、しのぶの姿を母親と重ねていたのでしょう。

上弦弐・童磨に伊之助はどこかで会ったことがあると言われた時に、自分がどこかで会ったことがあるのはしのぶの方だと信じていました。

©吾峠呼世晴 集英社 鬼滅の刃18巻

しかし、童磨が伊之助の母親・琴葉の事を話すうちにどんどん記憶がよみがえってきたのです。

ハッキリとしのぶは自分の母親ではないと気が付いたのは、童磨が琴葉がよく『指きりげんまん』の歌を歌っていたと言った時でした。

©吾峠呼世晴 集英社 鬼滅の刃18巻

母親かもしれないと言う想いと、単純に優しく接してくれるしのぶを慕っていたであろう伊之助にとってしのぶの死も母親の死も同じ鬼によってもたらされた事は偶然でもありますが絶対に許せない事だったでしょうね。

この場面が有名となり、伊之助としのぶが血縁関係にあったのではないかと噂をされる一因となったと考察できます。

髪の色が似ている

伊之助としのぶは髪の毛の色づき方が似ています。

いのすけ
いのすけ

俺様としのぶは毛先が青系の色で染まっていて似ているんだ!!

しのぶ
しのぶ

時透君も似ていますが・・・姉のカナエも毛先は染まっていないので、確かに伊之助君とそっくりと言われても仕方がないでしょうね♪

©吾峠呼世晴 集英社 アニプレックス Ufotable

色づき方から、髪質までそっくりですよね。

これなら姉弟説が出てきてもおかしくありません!!!!

しのぶが伊之助の扱い方を熟知している

伊之助としのぶが初めて出逢ったのが、那田蜘蛛山の戦い後の蝶屋敷での療養中の事でした。

傷も治って来たところで、機能回復訓練を受けなければなりませんが伊之助と善逸はさぼってばかりだったのです。

©吾峠呼世晴 集英社 鬼滅の刃7巻

初対面だったはずなのに、しのぶは伊之助は煽る事でやる気を出すと理解していました。

©吾峠呼世晴 集英社 鬼滅の刃77巻

また、別の時にはラーテルのような石頭だと表現してみたり。

指きりげんまんをした時も、しっかり約束すれば守ってくれる人だと分かっての行動ったのかもしれません。

扱いが慣れていると、それは姉弟だからって勘違いしてもおかしくないと思います。

まとめ

嘴平伊之助と胡蝶しのぶの噂されている関係について見てきました。

  • 伊之助は『指きりげんまん』をしてくれた事と、優しい面影からしのぶの事を母親だと思っていた。
  • そこから血縁関係があると噂が出て来たのではと考察
  • 髪の毛の色づき方が似ている事から姉弟と思われるのではと考察
  • しのぶが伊之助の扱い方を熟知していたので勘違いされていたのではと考察

伊之助としのぶの年齢差からいっても、しのぶが母親ではないのは確実なのです。

それでも、猪に育てられた伊之助にとって母親が年齢を重ねていくと言う概念がなかったのかもしれません。

母親の面影と年齢が近く、記憶にある『指きりげんまん』を優しくされたら信じたくなりますよね。

切ない勘違いが、多くの噂を生んだようです。

鬼滅の刃自体は完結しているので、伊之助としのぶの場面はもう増える事はありません。

しかし、外伝などで二人のやりとりをもって見られたらと願うばかりです。

次回も鬼滅の刃について深く掘り下げていきたいと思います。

コメント

鬼滅の刃【アニメ】無限列車・遊郭編の見逃し配信はこちら!
鬼滅の刃【最新】無限列車・遊郭編の動画が見れるサービスをチェック!!
タイトルとURLをコピーしました