鬼滅の刃【無限列車・遊郭編】見逃し配信!

無料期間あり・動画サービス一覧

詳細はこちら

我妻善逸と「桃」のつながりは花言葉から?由来の古事記は「あの技」にも通じていた!

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)

我妻善逸が修行していた場所に桃の木があったことは、『鬼滅の刃』のファンであれば誰もが覚えていることと思います。

しかし、「リンゴ」や「梨」ではなく、なぜ「桃」だったのか、そこには原作者・吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)先生の深いこだわりがあったと思われます。

今回は、「善逸と桃」という組み合わせの意味を、「花言葉」「古事記」から考察していきたいと思います。

「桃の花言葉」に当てはまる我妻善逸

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

3月3日の「桃の節句」が女の子のお祝いであることからもわかるように、桃の花言葉には、「チャーミング」「気立ての良さ」という、女性を愛でる意味があります。

しかし、西洋の花言葉には「unequaled qualities(比類なき素質)」というものがあり、これこそ、善逸にピッタリなものではないでしょうか。

更に、古事記に由来する「天下無敵」という意味も含んでいます。

なんだか奥深い感じがしてきた「桃」、まずは古事記からの由来をご紹介します。

「桃」は古事記の初期に出てくる重要アイテム

『鬼滅の刃』は古事記とリンクするところがたくさんある、ということをご存じの方も多いのではないでしょうか。

その中でも「桃」は、古事記の最初期に出てくるエピソードに深く関わるアイテムなのです。

国土と神を作った「イザナギ」と「イザナミ」の悲恋

「伊耶那岐(イザナギ)」と「伊耶那美(イザナミ)」、名前が似ていて紛らわしいですけど、古事記で最初に登場する重要人物です。(正確には「人物」ではないのですが、擬人化されている)

この二人によって国土が作られ、神々が生み出されたのですが、イザナミが「カグツチ」という火を司る神を生んだとき、その火によって火傷を負い、命を落としてしまいます。

「カグツチ」は原作のタイトル候補に入っていた

「カグツチ」という名前を聞いて、すぐピン!ときた方は、相当な「鬼滅通」ですね、私は全然「ピン!」ときませんでしたが。。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック第1巻

これは、原作コミック「第3話」と「第4話」の幕間カットです。

物語の中での「ヒノカミ神楽」と「日の呼吸」の重要性を考えると、吾峠先生が「カグツチ」という言葉をタイトル候補の一部に考えていたことも「なるほど」と思いますね。

「黄泉の国」での出来事

命を落としたイザナミを生き返らせるため、イザナギが向かったのが「黄泉の国」です。

日本人であれば「黄泉の国」が何を(どこを)指すのかはわかりますよね。

「黄泉の国」と「桃」のつながり

黄泉の国に来たイザナギに「戻って来て欲しい」と言われたイザナミは、イザナギに対してこう約束させます。

「この黄泉の国の食べ物を口にしてしまったので、もう戻ることはできない。しかし、この国の神と交渉してみるので待っていてほしい。ただし、その間、決して私の姿を見ないように」

ところが、長い間待たされたイザナギは、イザナミの姿をこっそり見てしまいます

そしてそのとき見たイザナミの姿は、かつての美しいものとはほど遠い醜い姿となっていたのでした。

約束を破ったイザナギに対し、烈火のごとく怒り狂ったイザナミは、逃げ出したイザナギを鬼女に追わせて捕らえるよう命じます。

しかしそのときイザナギが投げつけた「あるもの」で、追ってきた者たちを撃退しました。

その「あるもの」が、道中にあった木から実をもぎ取った「桃」だったのです。

「桃」は、現世と黄泉の国の境に生えている植物とされていて、「天下無敵」という花言葉は、鬼女を撃退したこのエピソードが基になっています。

「イザナギ」と「イザナミ」のその後

イザナギは、醜女となったイザナミをこちらの世界に来させないために、岩で道を塞ぎました。

そのとき、イザナミが恨みを込めてイザナギに言った言葉が「あなたの国の民を一日に千人殺します」でした。

そしてそれに対するイザナギの言葉が「それならば、私は一日に千五百人の命を与えよう」でした。

このエピソードの「千人を殺す」と言ったイザナミが鬼舞辻無惨のモデル「千五百人の命を与える」と言ったイザナギがお館様のモデル、とも言われています。

「黄泉の国」、英語ではなんと訳されていた?

日本人にはおそらく説明不要な「黄泉の国」ですが、翻訳されたものはどうなっているのでしょう?

お館様が無限列車編の最後に仰ったセリフの中に「黄泉の国」という言葉が出てきましたが、その場面、英語版ではこうなっています。

©吾峠呼世晴/集英社 Demon Slayer: Kimetsu no Yaiba, Vol.8

「the other world」、「杏寿郎や皆のいる」という言葉から意味が読み取れるので、これで十分なのかもしれません。

ちなみに、劇場版の英語字幕では「the land of the dead」と、少し説明が加わった訳になっていました。

どちらが「better」と感じるかは人によって違うのだと思いますが、「黄泉の国」という字面と響きの美しさは、やはり日本語ならではですね

善逸の重要場面に出てくる「桃」

修行していた場所

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

我妻善逸が師匠や兄弟子とともに修行していた場所、そこにはたくさんの桃の木がありました

那田蜘蛛山での善逸の回想では、ビービー泣いてばかりいる弱虫の善逸に、兄弟子の獪岳(かいがく)がイラついているシーンがありましたね。

そこで獪岳が桃をかじり、さらに善逸に桃を投げつけていたことで、見ている私たちにも「桃」が強く印象に残っているのだと思います。

兄弟子・獪岳との対決で披露する新技も「古事記」から

優秀な剣士だった獪岳

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

善逸の兄弟子・獪岳は、師匠の桑島慈悟郎(くわじま・じごろう)から、善逸と並ぶ「雷の呼吸の継承者」として認められていました。

善逸は、獪岳から「お前みたいな奴に割く時間がもったいない」だの「目障りだから消えろ」だの、ひどい言葉を浴びせられますが、それでも、ひたむきに努力していた獪岳のことは尊敬していたのです。

鬼になってしまった獪岳

©吾峠呼世晴/集英社 コミック第17巻

獪岳は鬼殺隊の剣士となりますが、上弦の壱・黒死牟と出遭ってしまったことで、命乞いをして鬼になっています。

そのことに対する師匠の責任として、桑島慈悟郎は割腹自殺をしてしまい、それを知った善逸は獪岳を倒すことを決意

そして最終決戦地の無限城で二人は再会し、雷の呼吸の継承者同志で戦うことになります。

勝負を決した善逸の技『漆(しち)ノ型・火雷神(ほのいかづちのかみ)』

©吾峠呼世晴/集英社 コミック第17巻

雷の呼吸は「陸ノ型」までしかありませんでした。

しかし、基本の「壱ノ型」を極めた善逸は、自分で新たな「漆ノ型」を生み出し、上弦の陸となっていた兄弟子・獪岳を倒したのです。

そして「火雷神(ほのいかづちのかみ)」は、実は古事記に出てくる神のひとつでもありました。

黄泉の国で「イザナミ」の体に宿っていた神

また出てきました「イザナミ」。

実は、イザナギがこっそり見てしまったイザナミの体には、八柱の雷神・八種雷神(やくさのいかづちのかみ)が宿っていました。

そしてその「八種雷神」のひとりが「火雷神」で、イザナミの胸に宿っていたとされています。

尚、「八種雷神」とは、以下の8つの神を指します。

神名部位
大雷神(おほいかづちのかみ) 
火雷神(ほのいかづちのかみ) 
黒雷神(くろいかづちのかみ)  
析雷神(さくいかづちのかみ) 女陰
若雷神(わかいかづちのかみ)左手
土雷神(つちいかづちのかみ) 右手
鳴雷神(なるいかづちのかみ)左足
伏雷神(ふすいかづちのかみ) 右足
pixive百科事典

死の淵で見た、師匠のいる「黄泉の国」

獪岳との「兄弟対決」を制した善逸でしたが、善逸の受けた傷も深く、生死の境をさまよいました。

そのとき、夢の中に師匠の桑島慈悟郎が出てきます。

©吾峠呼世晴/集英社 コミック第17巻

この場面、師匠がいる側の土地に生えているのは、小さくて分かりづらいですが「桃の木」です。

現世と黄泉の国の境に生えている「桃」は、善逸と師匠との絆をつなぐものでもあったのですよね。

無限列車で見た「幸せな夢」の中

©吾峠呼世晴/集英社 コミック第7巻

善逸が無限列車の中で見ていた幸せな夢、それは、自分の故郷とも言える「あの桃の木がたくさんある場所」へ、大好きな禰豆子を連れていく夢でした。

©吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

人生で初めて、自分に対して本気で向き合い、辛抱強く指導してくれた師匠との思い出の場所、そこにあった「桃」は、善逸にとっては「幸せの象徴」だったのだと思います。

まとめ

善逸と桃については、実は当初それほど深い意味があるとは思っていませんでした。

古事記についてもほとんど知識がなく、ただ「古事記を知っていれば、また違う視点から楽しめるかな」ぐらいに考えていた程度だったのです。

ところが、古事記の最初を少しかじってみると「桃」が出てきて、「火雷神」も出てきて、更には花言葉が「比類なき素質」

これはもう「善逸について書け」と言われているようなものだと勝手に解釈し、まとめてみました。

禰豆子役の鬼頭明里さんは「無限列車編はずっと重くてシリアスな話なんですけど、善逸の夢は本当に幸せな空間だった」と言っていて、ファンもきっとそう感じていたと思います。

それは善逸自身が、あの場所を本当に幸せだと思っていた何よりの証ですよね。

善逸と兄弟子・獪岳との最後の戦いにつきましては、こちらの記事で詳しく解説していますので、是非ご覧ください。

コメント

鬼滅の刃【アニメ】無限列車・遊郭編の見逃し配信はこちら!
鬼滅の刃【最新】無限列車・遊郭編の動画が見れるサービスをチェック!!
タイトルとURLをコピーしました