【鬼滅の刃】産屋敷あまねはどんな人物?産屋敷耀哉の妻になったのにはある理由があった。

キャラクター

鬼殺隊当主であるお館様・産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)の妻である産屋敷あまね。

耀哉のそばで彼をサポートし看病を行うだけでなく、病で動けなくなった耀哉の代わりに柱合会議に参加するなど陰で鬼殺隊を支えている存在です。

容姿も美しく、はじめてあまねを見た無一郎は、あまりの美しさから「白樺の木の精」と思ったほどです。

まさに理想の奥さんともいえるあまねですが、何故鬼殺隊の当主である耀哉と結婚することになったのでしょうか?

こちらの記事ではあまねが産屋敷家に嫁いだ理由や、どのような人物であったのかを考察を交えながら紹介していきます。

  • どのような人物なのか?
  • 産屋敷家に嫁いだ理由は?
  • 鬼殺隊内ではどのようなことをしていたのか

このようなことが気になったら、是非記事をチェックしてみてくださいね!

産屋敷あまねとは

©吾峠呼世晴/集英社 コミック14巻

鬼殺隊九十七代目当主・産屋敷耀哉の妻であり、年は27歳、旧姓は神籬(ひもろぎ)あまね。

代々神職の家系であり、白髪は生まれつきのようです。

夫や子供たちの息災のため、毎日欠かさずに穢れを落とすための水浴びを行っていました。

耀哉との間には5人の子供がおり、子供たちは五つ子です。(男の子1人、女の子4人)

アニメでは劇場版「無限列車編」の冒頭にオリジナルシーンが追加されており、耀哉とあまねがお墓参りをするシーンがありました。

しのぶ
しのぶ

ちなみに神職(しんしょく)というのは、神社に仕えて神事を執り行う職にある人の総称のことですよ。

産屋敷家に嫁いだ理由

©吾峠呼世晴/集英社 コミック8巻

産屋敷家は皆病弱に生まれ、長く生きることができない呪いを背負っています。

その為、産屋敷家は寿命を少しでも伸ばすために代々神職の一族から妻を貰っていました。

あまねも耀哉の寿命を延ばし、後継ぎを途絶えさせないために産屋敷家に嫁ぐことになりました。

2人は耀哉が13歳、あまねが17歳の時に結婚しています。

あまねは結婚に対し、はじめは迷いがありましたが耀哉の一言で結婚を決めました

貴方が嫌なら私からこの話は断ります

©吾峠呼世晴/集英社 コミック16巻

立場上、あまねが結婚を断ることはまずできませんでした。

そんなあまねの立場を気遣い、耀哉はあまねの気持ちを確認して自分から断ると言ってくれました。

早く妻を迎えて後継ぎを残さなければいけないにもかかわらず、自分のことよりも相手のことを気にかけてくれる耀哉に惹かれたのですね。

鬼殺隊としての活動

剣士の子孫に会うため、山奥まで足を運ぶ

実はあまねは無一郎の命を救った人物でもあります。

あまねは体を動かすことが難しい耀哉の代わりに、始まりの呼吸の剣士の子孫であった時透兄弟に会うために山奥まで足を運んでいました。

兄の有一郎があまねに対してきつく当たっても、あまねは2人の元へ通い続けました。

そしてある日、亡くなった有一郎の傍にいた重傷を負っている無一郎を発見し、なんとか無一郎は一命を取り留めることができました。

あまねが時透兄弟のもとへ通うのを諦めてしまっていたら、無一郎も兄と一緒に亡くなってしまっていたかもしれませんね…。

耀哉の看病

©吾峠呼世晴/集英社 コミック11巻

産屋敷家は呪いによって、全員30年以上生きられない体になっています。

耀哉も呪いの影響で、失明し、最終的には体を動かすことが難しくなってしまいました。

あまねは常に耀哉のそばで看病を行い、献身的に支えていました。

耀哉の代役で柱合会議を務める

©吾峠呼世晴/集英社 コミック15巻

刀鍛冶編の後、耀哉はついに体を動かすことが難しい状態になってしまいました。

痣の発言についての柱合会議では、耀哉の代役をあまねが務めました。

柱たちは献身的に耀哉を支えているあまねのことを、耀哉と同じくらい尊敬しているようです。

最期は夫や子供と共に死亡

©吾峠呼世晴/集英社 コミック16巻

耀哉は無惨が屋敷に襲来することを予測し、自分を囮としてあまねと2人の娘と共に待ち構えていました。

そして無惨が屋敷を襲撃し、耀哉は無惨を倒すために自爆し、この時に一緒にいたあまねと2人の娘も亡くなりました。

おそらく耀哉は自爆に誰も巻き込みたくないと考えていましたが、あまねは最後まで傍で支えたいと思っており、自らの意志で死を選んだと考えられます。

まとめ

©吾峠呼世晴/集英社 コミック16巻
産屋敷あまねについてまとめ

・27歳で代々神職の家系に生まれる
・17歳の時に当時13歳だった耀哉と結婚し、5つ子を授かる
・鬼殺隊内では耀哉の看病を行うだけでなく、柱合会議で耀哉の代役なども務めていた
・無惨の襲来の際に、囮として自爆した耀哉と2人の娘と共に亡くなる

産屋敷あまねについてまとめましたが、いかがだったでしょうか?

はじめは迷っていた耀哉との結婚でしたが、あまねは鬼殺隊当主の妻として、献身的に耀哉をサポートしていました。

そこには「産屋敷家に嫁いだのだから」ということでなく、「耀哉の力になりたい」という想いが強かったように見えます。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました