【鬼滅の刃】お館様・正体・過去。産屋敷(お館様)と鬼舞辻無惨との関係は?

サブキャラ
産屋敷耀哉
産屋敷耀哉

よく来たね、

私の可愛い剣士(こども)たち。

みなさん【鬼滅の刃】日々感じてますか?

心をド派手に燃やして想いを紡(つむ)いでいますか?

さて、今回の記事は、鬼殺隊(きさつたい)の頂点に立つ当主(とうしゅ)お館様(やかたさま)こと、産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)に注目したいと思います。

など、『お館様・正体・過去』についてまとめました。

題して、

【鬼滅の刃】

お館様・正体・過去。

産屋敷(お館様)と

鬼舞辻無惨の関係は?

として【鬼滅の刃】『お館様・正体・過去』についてご紹介します。

画面に[全集中!]でお付き合いください。

TVアニメ【鬼滅の刃】のみ閲覧の方は、“ネタバレ注意”です。

【鬼滅の刃】お館様・正体・過去

白髪
白髪

お館様のお成(な)りです

(ふすま)の奥から、お館様が現れたと同時に、鬼殺隊(きさつたい)最高位の剣士(けんし)である[柱(はしら)]たちが、一斉(いっせい)に膝(ひざ)まづく姿がとても印象的でした。

[鬼殺隊柱合裁判(ちゅうごうさいばん)]では、裁判(さいばん)にかけられた炭治郎(たんじろう)も、お館様に膝(ひざ)まづく[柱]たちを見て、目を見開いていました。

不死川実弥
不死川実弥

お館様におかれましれも、

御壮健(ごそうけん)で何よりです。

益々(ますます)の御多幸(ごたこう)

(せつ)にお祈(いの)り申(もう)し上げます。

6巻・第46話[お館様]

お館様の初登場は、単行本2巻の第8話[お兄ちゃん]の最終選別(さいしゅうせんべつ)終了後で、「“5人”も生き残ったのかい、優秀(ゆうしゅう)だね」と後ろ姿で登場し、怪(あや)しげにカラスを撫(な)でていました。

単行本6巻の第45話[お館様]で再登場した際に、お館様の素顔が明(あき)らかになりました。

鬼殺隊の頂点に立つ当主「お館様」

名前
(ふりがな)
産屋敷耀哉
(うぶやしきかがや)
年齢23歳
役職鬼殺隊最高責任者
氏家産屋敷家97代目当主
家族[妻]あまね
[息女(そくじょ)]にちか・ひなき
[子息(しそく)]輝利哉(きりや)
[息女]くいな・かなた
CV森川智之(もりかわとしゆき)

[*息女(そくじょ)…娘、特に、身分のある人の娘。また、他人の娘を敬(うやま)っていう語。]

[*子息(しそく)…男の子。むすこ。他人の子にいう。]

[隠(かくし)]メモ
  • 鬼殺隊の面々(めんめん)からは「お館様」と呼ばれている。
  • 隊士達の事は年長隊士も含(ふく)め「私の子供達」として、我(わ)が子同然に思っており、隊士達の事は苗字ではなく名前で呼んでいる。
  • 産屋敷一族はとある理由により代々、病(やまい)による短命を宿命(しゅくめい)づけられており、現当主の耀哉(かがや)様もその例外ではない。
  • 顔の上半分が焼けただれたような痕(あと)があり、常に童子(どうじ)に手を引かれていることから、現在ではすでに盲人(もうじん)となっているようである。
  • ご息女、ご子息は五つ子。
  • ご子息の輝利哉(きりや)様は、第三子・産屋敷家の跡(あと)取りである。

お館様(産屋敷耀哉)・能力

人に安堵感をもたらす「声」

  • お館様・産屋敷耀哉の声音(こわね)は、現代で言うところのF分の一(1/F)揺(ゆ)らぎで発声(はっせい)し、話す相手を心地(ここち)良くさせ、安らぎを与(あた)える。 
  • 彼の声を聴(き)いた者は、心が落ち着くと共に不思議な高揚感(こうようかん)を与(あた)えられ、心服(しんぷく)する。

[*律動(りつどう)…規則的にある動きが。]

[*心服(しんぷく)…心から尊敬(そんけい)して従(したが)うこと。]

初めてお館様の声を聞いた炭治郎は、

炭治郎
炭治郎

何だろう、この感じ。

ふわふわする…。声?

この人(お館様)の声のせいで、

頭がふわふわするのか?

不思議な高揚感(こうようかん)だ……!

6巻・第46話[お館様]

と、お館様の声を「ふわふわする」「不思議な高揚感」と表現し、[炎柱(えんばしら)煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)は、

煉獄杏寿郎
煉獄杏寿郎

不思議な声色(こわいろ)だ。

(おだ)やかな春風に身を預(あず)けているような気持ちになる。

【鬼滅の刃】外伝[煉獄杏寿郎外伝]

と、お館様の声を「穏やかな春風に身を預けているような」と表現した。

予知能力に近い「先見の明」

  • 産屋敷家の人間は「特殊な声」に加(くわ)え、代々“未来予知(みらいよち)”と言えるレベルの非常に優(すぐ)れた『先見の明(せんけんのめい)を持っている。
  • 産屋敷家は、その能力を使って代々、莫大(ばくだい)な財産(ざいさん)を築(きず)き、家や鬼殺隊の危機(きき)を幾度(いくど)となく回避(かいひ)してきた。
  • 当代の当主のお館様・耀哉(かがや)は、特にその能力が強く、その力を以て鬼殺隊の指針(ししん)を決定してきた。
産屋敷耀哉
産屋敷耀哉

(おそ)らく無惨を滅(ほろ)ぼせるのは…日の光のみではないかと思っている……。

君が頸(くび)を破壊(はかい)しても彼(無惨)が死ななければ、日が昇(のぼ)るまでの持久戦(じきゅうせん)となるだろう……。

16巻・第139話[落ちる]

[隠(かくし)]メモ

未来を見通す力『先見の明』で「お館様」が予知したもの。

  • 5日以内に鬼舞辻無惨がお館様の元に来ること。
  • 鬼舞辻無惨が頸(くび)の弱点を克服(こくふく)していること。
  • 煉獄杏寿郎が十二鬼月(じゅうにきづき)を倒(たお)して[柱]になること。(外伝)

お館様(産屋敷耀哉)・過去

さて、お館様・産屋敷耀哉には「特殊な声」や「先見の明」という、“特別な力”があったにもかかわらず、なぜ、短命(たんめい)なのか、お館様の過去と病(やまい)について見ていきます。

  • お館様・産屋敷耀哉は、元々複数の男の兄弟がいたが、病気により亡くなり、唯一(ゆいいつ)生き延(の)びたのが、耀哉であった。
  • また父である先代(恐らく96代目当主)は繊細(せんさい)な人で、多くの隊士達の死に耐(た)え切れず、19歳で自殺した為に、当時4歳だった耀哉が当主の座に就(つ)いた。
  • 以来、耀哉は19年間、鬼殺隊の当主「お館様」を務(つと)めてきた。
ワタシ
ワタシ

4歳で鬼殺隊の「お館様」だって。驚(おどろ)き。

ワタシが4歳のころは「しいたけ」のことを「たけし!」って叫(さけ)んでたよ。

我妻善逸
我妻善逸

誰得情報だよ、その話。

※[誰得]は「誰が得するんだよ」の略です。

お館様(産屋敷耀哉)・病気

お館様・産屋敷耀哉の額(ひたい)を中心に、“火傷(やけど)のようなただれ”が広範囲(こうはんい)にあります。

しかし、実際は火傷ではなく、産屋敷一族の「呪い」によるもので、代々一族の人間を蝕(むしば)んできました。

耀哉の場合、額にただれがあるときにはすでに失明(しつめい)しており、病状が進むと床(とこ)に伏(ふ)せて吐血(とけつ)する状態までに陥(おちい)り、最終的には死を招くとされています。

  • 産屋敷耀哉の体調不良や焼けただれたような痣(あざ)の原因は、厳密には病気ではなく「呪い」
  • 産屋敷家は一族から鬼を出してしまった「呪い」として、代々身体が弱く短命を宿命づけられていた。
  • 「30歳を迎えるまでに死ぬ」という言い伝えは、産屋敷耀哉も例外ではなく、「呪い」は彼の身体を蝕(むしば)んでいく。

[岩柱(いわばしら)悲鳴嶼行冥(ひめじまぎょうめい)と出会った14歳の頃は普通の少年でしたが、[音柱(おとばしら)宇髄天元(うずいてんげん)の入隊時には顔の変色が始まっており、[風柱(かぜばしら)不死川実弥(しなずがわさねみ)が[柱]に就任(しゅうにん)した際には顔の上半分ほとんどが変色してしまっていた。

お館様(産屋敷耀哉)と鬼舞辻無惨

鬼の始祖である鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)は、もとは1,000年ほど前の平安時代に生きる貴族階級(きぞくかいきゅう)の人間でした。

(のち)にこの貴族は「産屋敷家」と繋(つなが)っていきます。

鬼の討伐(とうばつ)を悲願(ひがん)としている産屋敷一族にとって、その元凶となっている無惨の存在は「唯一の汚点」

つまり、産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨は「同じ筋」を引いているのです。

症状の原因は無惨に関わる呪い?

産屋敷一族が病弱で短命なのも、一族から「無惨という化け物(鬼)を出してしまった」ことへの「呪い」だとされています。

ある神主(かんぬし)から、「無惨を倒すために心血(しんけつ)を注(そそ)げば一族が絶(た)えることはない」と言われて以降、一族は神職(しんしょく)の家系から嫁(よめ)をもらい懸命(けんめい)に鬼と戦い続けてきたのです。

鬼舞辻無惨が鬼になった理由・過去についてはこちらの記事をどうぞ。

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨の過去・生い立ち。「いつも何かに怯え、想いを断ち永らえる者」
鬼舞辻無惨私の顔色は悪く見えるか?私の顔は青白いか?病弱に見えるか?長く生きられないように見れるか?死にそうに見えるか?みなさん【鬼滅の刃】日々感じてますか?心をド派手に燃やしてますか?...

【鬼滅の刃】お館様から[柱]にかけた言葉

悲鳴嶼行冥
悲鳴嶼行冥

お館様はいつも、その時、人が欲しくてやまない言葉を、かけてくださるお方だ。

お館様から[音柱]宇髄天元へ

つらいね天元。君の選んだ道は。

(略)

様々な矛盾や葛藤(かっとう)を抱(かか)えながら君は、君たちは、それでも前を向き、戦ってくれるんだね。人の命を守るために。

ありがとう。君は素晴らしい子だ。

10巻・第87話[集結]

お館様から[霞柱]時透無一郎へ

君は必ず自分を取り戻せる、無一郎。

混乱しているだろうが今は、とにかく生きることだけを考えなさい。

生きてさえいればどうにかなる。

失った記憶は必ず戻る。

心配はいらない。

きっかけを見落とさないことだ。

些細(ささい)な事柄(ことがら)が始まりとなり、君の頭の中の霞(かすみ)を鮮(あざ)やかに晴(は)らしてくれるよ。

13巻・第108話[時透くんありがとう]

杓子定規(しゃくしじょうぎ)に物を考えてはいけないよ、無一郎。

確固(かっこ)たる自分を取り戻した時、君はもっと強くなれる。

14巻・第118話[無一郎の無]

[杓子定規(しゃくしじょうぎ)…何事にも同じ基準を適用しようとする、融通(ゆうずう)のきかないやり方や態度を指す意味で用いられている語。もともとは、誤(あやま)った基準によって物事を判断する、という意味の表現。]

お館様から[恋柱]甘露寺蜜璃へ

素晴らしい。君は神様から特別に愛された人なんだよ、蜜璃(みつり)

自分の強さを誇(ほこ)りなさい。

君を悪く言う人は皆(みんな)君の才能を恐(おそ)れ、羨(うらや)ましがっているだけなんだよ。

14巻・第124話[いい加減にしろ バカタレ]

お館様から[岩柱]悲鳴嶼行冥へ

君が人を守る為(ため)に、戦ったのだと、私は知っているよ。君は人殺しではない。

16巻・第139話[落ちる]

お館様から[風柱]不死川実弥へ

匡近(まさちか)が死んで間もないのに、呼んでしまってすまなかったね。

兄弟のように仲良くしていたから、尚更(なおさら)つらかっただろう。

19巻・第168話[百世不磨]

お館様から[柱]剣士(こども)たちへ

刀は振(ふ)ってみたけれど、

すぐに脈(みゃく)が狂(くる)ってしまって、十回もできなかった。

叶うことなら私も、君たちのように、

体一つで人の命を守れる強い剣士(けんし)になりたかった。

けれど、どうしても無理だったんだ。

つらいことばかり、

君たちにさせてごめんね。

19巻・第168話[百世不磨]

ワタシ
ワタシ

最後の「つらいことばかり君たちにさせてごめんね」は毎回泣ける。

【鬼滅の刃】のセリフ(名言)を見るたびに、お涙ポロポロ、ウルウルしちゃってます。

【鬼滅の刃】各キャラ名言集。鬼滅の刃の心揺さぶる名言を厳選して紹介☆
炭治郎これは、日本一慈(やさ)しい、鬼退治の“名言”を集めた記事である。みなさん【鬼滅の刃】毎日感じてますか?心をド派手に燃やしていますか?🔥さて、今回の記事は、【鬼滅の刃】の心揺(ゆ)さぶる<...

<おまけ>お館様へのご挨拶は誰がする?

[柱合会議(ちゅうごうかいぎ)]での、[柱]たちからのお館様へのご挨拶(あいさつ)は、『早い者勝ち』なので、実はみんな、お館様が来るまでソワソワしてたらしい。

不死川実弥
不死川実弥

お館様におかれましれも、

御壮健(ごそうけん)で何よりです。

益々(ますます)の御多幸(ごたこう)

(せつ)にお祈(いの)り申(もう)し上げます。

6巻・第46話[お館様]

産屋敷耀哉
産屋敷耀哉

ありがとう、実弥。

甘露寺蜜璃
甘露寺蜜璃

私が言いたかった。

お館様にご挨拶…。

“お館様へのご挨拶”の言葉の意味。

お館様におかれましれも、御壮健で何よりです。益々の御多幸を切にお祈り申し上げます。
  • 壮健(そうけん)…健康で元気なこと。また、そのさま。
  • 益々(ますます)…増々。もっと、より多く。
  • 多幸(たこう)…とても幸せであること。また、そのさま。
  • 切に(せつに)…心から、切実に。

これらを少しかみ砕(くだ)いた言い方にすると、

「今もすごくお元気そうですが、これからもっと元気で幸せに過(す)ごされることを、心からお祈(おいの)りしています」となりますかね。

そして、早い者勝ちで、見事?お館様への挨拶を畏(かしこ)まって、喋(しゃべ)り出した不死川実弥(しなずがわさねみ)に対して炭治郎は、

炭治郎
炭治郎

知性も全く無さそうだったのに、すごいきちんと喋り出したぞ。

と、心の中でつぶやいたとさ。

めでたしめでたし。(笑)

まとめ

今回は、【鬼滅の刃】お館様・正体・過去。産屋敷(お館様)と鬼舞辻無惨との関係は?として【鬼滅の刃】『お館様・正体・過去』についてご紹介しました。

まとめ

鬼殺隊当主「お館様」の正体・過去は、

  • 名前は産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)
  • 年齢(ねんれい)は23歳。
  • 鬼殺隊の最高責任者であり、鬼舞辻無惨と敵対(てきたい)する産屋敷一族の97代目の当主。
  • 家族は、妻(あまね)と五つ子(女・女・男・女・女)。
  • 産屋敷耀哉と鬼舞辻無惨の関係は、同じ血筋の産屋敷一族。
  • 血族から“鬼”を出してしまったため、“呪い”がかかり、30歳まで生きられないという短命の宿命に。
  • 現当主・耀哉が97代目当主に就(つ)いたのは4歳の時。
  • 今もなお、鬼殺隊を率(ひき)いて、懸命(けんめい)に鬼と戦い続けている。

今回はここまでです。

最後まで[全集中!]でお読みいただきありがとうございました!

それではまた、お館様・産屋敷耀哉様のご活躍の時まで。

この記事を書いた人
天日樹ひかり

竈門炭治郎と煉獄杏寿郎推し。
鬼も含めてみんな好きです。
つまり【鬼滅の刃】が大好きです。
----------------
天日樹は、
『点火器=ライター』から。(笑)
----------------
はてなブログでタロットなど使って、
その日をHAPPYに過ごせるように誕生月別メッセージ「今日の誕生月占い」を5時55分にお届け。
サブでは【鬼滅の刃】のお絵描きしたり、好きなことやってます!
【鬼滅の刃】最高!!

天日樹ひかりをフォローする
サブキャラ
鬼滅なび

コメント

タイトルとURLをコピーしました