ギャップ萌えな富岡義勇のかわいいシーン!!クールガイの意外な一面

冨岡義勇(とみおか ぎゆう)

無口でクール、冷静沈着でかっこいいイメージが先行する水柱・富岡義勇。

ですが、実は天然で素直、かわいい一面があるのをご存じでしょうか。

今回はそんな彼の意外なかわいいシーンの数々をご紹介します!!

富岡義勇のかわいいシーン

富岡義勇のかわいいシーンを時系列に沿って紹介していきます。

かわいいシーン①

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第6巻

胡蝶しのぶの毒舌に真顔で返答する富岡義勇

義勇は、那田蜘蛛山で、炭治郎の連れている鬼の禰豆子を討伐しようとした蟲柱・胡蝶しのぶを阻みます。

なぜ邪魔するのかとしのぶに問われ、黙っていると、しのぶから思わぬ毒舌の攻撃を受けます。

鬼とは仲良くできないって言ってたくせに何なんでしょうか

そんなだからみんなに嫌われるんですよ

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第5巻 第43話

天然素直さ全開で真顔で返答する義勇。

しのぶから、嫌われてる自覚がなかったのに申し訳ないとさらなる攻撃を受け、固まります。

しのぶの毒舌攻撃に素直に返答、からの傷ついて固まる義勇。

クールな印象からは、そんなこと気にする気配すらないのに、意外と傷つきやすいナイーブな一面が見られます。

炭治郎の固まる表情も面白いシーンです。

かわいいシーン②

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第6巻 第44話

胡蝶しのぶの一言に表情を歪める富岡義勇

義勇は、炭治郎に禰豆子を連れて逃げろと言い、追いかけようとするしのぶを抱え、押さえ込みます。

しのぶに隊律違反だと咎められる義勇が、炭治郎の今までの経緯を説明しようとすると、しのぶのキツい一撃が…。

普段のクールな印象から想像もできないこの表情。

素直に経緯を説明しようとしたのに、まさかの反撃を受け顔面蒼白状態。

人からの評価など気にしなそうなイメージが崩壊したシーンでもありますね。

しのぶの辛辣な言葉の数々もかなりひどいですが…。

かわいいシーン③

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第15巻 第130話

錆兎との会話で見せた、屈託のない笑顔

柱稽古が始まる中、一人塞ぎ込む義勇の元へ、お館様が炭治郎を向かわせます。

炭治郎は、昼夜問わず義勇に付きまとい、根負けした義勇が悩みを打ち明けます。

義勇は自分は最終選別を突破してないと言い出します。

自分も身内を鬼に殺されたこと、そして、自分には錆兎という同志であり、親友がいたことを話します。

錆兎とは炭治郎も最終選別の前に不思議な出会いをしていました。

その最終選別で、錆兎が仲間を守り、一人亡くなったこと。

自分は負傷により療養したまま7日間生き延びただけで選別を受かったことを話します。

13歳という年齢もありますが、こんなに屈託のない笑顔を見せ合う仲間の死。

義勇はさらに実姉も鬼に襲われ亡くしたこともこのシーンで炭治郎に打ち明けました。

かわいいシーン④

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第15巻 第131話

炭治郎の迷案に疑問を感じつつ素直に応じる義勇

炭治郎と話をする中で、自らが封印していた事と改めて対峙し、前を向き稽古を始める決意をする義勇。

そんな義勇に、同じく天然まっすぐキャラの炭治郎が、義勇を励ます名案として提案した、そばの早食い勝負。

それに、何で?と思ったにも関わらず、素直に応じる義勇でした。

出会いの頃のあの殺伐としたシーンを払拭する、この二人のどこに向かって行くのかわからない天然で破壊的なやり取りはこの後も続きますのでお楽しみに!

かわいいシーン⑤

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第16巻 第136話

実弥の好物を知った義勇、ポワーンと受け止める

岩柱・悲鳴嶼行冥の柱稽古を終えた炭治郎が、義勇の元を訪ねると、風柱・不死川実弥と義勇が手合わせをしています。

それをケンカでの殺し合いと勘違いした炭治郎が、まさかの”おはぎの取り合いですか”と間に入ります。

強面キャラの実弥の意外な一面もさることながら、炭治郎の素直さ全開の天然発言、そして、炭治郎とはまた別次元での天然素直発言をする義勇。

直前までの手合わせでの真剣クールなシーンとのギャップが激しいです。

義勇は実弥と同じ年の21歳ですが、ポワーンと素直に受け止める義勇が男の子らしくてかわいいですね。

かわいいシーン⑥

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第16巻 第136話

おかしな天然コンビ・義勇と炭治郎、実弥への秘策目論む

実弥に対し、おはぎについて悪気一切なく詰める炭治郎は、キツイ一撃喰らい気絶。

気が付くと義勇が傍に付き添っています。

柱稽古の一環で柱同士の手合わせをしていたことを説明する義勇に、邪魔したことを謝る炭治郎。

実弥の好物がわかって良かったと素直に喜ぶ天然素直発言からの、実弥と仲良くなる為の作戦がまたかわいいです。

何でしょう、この二人。

二人集まるととんでもない方向に向かって行きますね!

かわいいシーン⑦

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第16巻 第140話

おかしな天然コンビ・義勇と炭治郎、てちてち歩く

宿敵・鬼舞辻無惨の無限城へと落とされてしまった炭治郎は義勇に助けられ、無事に着地できたもののすぐに鬼に襲われます。

二人で水の呼吸の技を出し、鬼の大群を討伐します。

炭治郎の感想のシーンですが、その後の”てちてち”が!!

技を繰り出す完璧な姿とのギャップが激しいですが、ふざけているわけではなく、真剣に先を急いでる二人の様子です。

かわいいシーン⑧

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第19巻 第164話

義勇、真顔で焚火をたく

上弦の参・猗窩座を倒した義勇と炭治郎は、疲労困憊により失神します。

炭治郎が意識を取り戻すと焦げ臭いにおいが…。

火事だ!!と飛び起きると、まさかの義勇の焚火姿。

止血しても血が止まらないから傷を焼くと言う義勇。

炭治郎もその義勇の返答に驚くも、恐々承知します。

義勇は、まだ鬼舞辻との闘いの序盤で、最終目標の無惨との闘いに備えておくように、生真面目な表情で伝えます。

戦闘の最中で、焚火の理由も傷の止血と、生真面目な理由なのですが、この二人だと何だかちょっとほっこりしてしまいます。

かわいいシーン⑨

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第23巻 第204話

最後の柱合会議での実弥と義勇の安堵の笑顔

宿敵・鬼舞辻無惨を討伐し、鬼のいない世界が始まります。

産屋敷邸では、最後の柱合会議が開かれていました。

柱は、実弥と義勇の二人だけになってしまいましたが、当主の輝利哉が鬼殺隊の解散と、謝辞を述べます。

それを受けた実弥と義勇が産屋敷家の尽力を讃え、幼い輝利哉の奮闘に賛辞を贈りました。

闘いを終え、同じ志の下、奮闘してきた仲間であり同志である実弥と義勇、そして産屋敷家の安堵の表情です。

実弥も義勇も、穏やかな笑顔を見せました。

かわいいシーン⑩

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第23巻 第204話

壮絶な時間を共有した4人の再会

炭治郎がケガの療養をしている蝶屋敷の廊下で再会を喜び合う、師範の鱗滝左近次と義勇、炭治郎、禰豆子の4人の姿。

物語の序盤は、この4人にとって、こんな日が来るとは想像もできなかったくらいの過酷な状況でした。

けれど、必ず禰豆子を人間にという炭治郎の強い信念や、皆の鬼のいない世界を取り戻すという信じる心で実現することができました。

かわいいシーン⑪

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第23巻 第204話

鬼のいない平和な世界、穏やかな表情の義勇

光り輝く未来の夢を見る 大切な人が笑顔で天寿を全うするその日まで

幸せに暮らせるよう 決してその命が理不尽に脅かされることがないよう 願う

たとえその時自分が傍らにいられなくとも 生きていて欲しい 生き抜いて欲しい

あなたが私だったらきっと 同じことを言うはず

ただひたすら平和な 何の変哲もない日々が いつまでもいつまでも続きますように

©吾峠呼世晴/集英社 鬼滅の刃 第23巻 第204話

物語のラストに登場する、それぞれの現状を伝えながら、実弥の親友も同じ内容を記していたという、鬼殺隊の子供たちの遺書。

それが叶った世界。

穏やかな表情を見せる義勇がいます。

大人びていた柱時代とは違う、年相応な青年の表情をしていますね。

現実世界では鬼というものはいなくなりましたが、心に鬼を持っている人間はもしかするといるかもしれません。

そういう意味でも、鬼のいない世界になって欲しいなと思います。

かわいいシーン⑫

©吾峠呼世晴/集英社 鬼殺隊見聞録・弐

あの頃の笑顔を取り戻した義勇

鬼殺隊見聞録・弐に掲載されている、”炭治郎の近況報告書”の中で、義勇の近況も描かれています。

義勇のこの笑顔、どこかで見たことがありませんか?

そうです、13歳の頃、錆兎といた時に見せた、あの笑顔ですね。

それほどに平和な毎日が続いていることを感じます。

相変わらずのちょっと人見知りなところは変わってなさそうですが、柱同士の交流も続いてる様子で何よりです。

義勇より二つ年上の天元が、物静かな義勇を連れ出している所も何だか優しい気持ちが伝わってきて、ほっこりします。

まとめ

義勇のかわいいシーンをご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

普段は無口でクールな義勇の意外な一面を知って、そのギャップにさらに義勇の魅力にハマってしまう方もいるかと思います。

色々なキャラクターのそれぞれの魅力がいっぱいある鬼滅の刃を、引き続きお楽しみ下さい!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました