yurica0121

甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)

恋柱・甘露寺蜜璃のかわいいシーン~刀鍛冶の里から無限城での戦いまでご紹介します

魅力を感じるものにキュンとときめく恋柱・甘露寺蜜璃。 可愛らしい見た目やちょっぴり天然な雰囲気の蜜璃ですが、類まれな柔軟性と筋力を持ち、技の速度は宇随天元をも上回っているとのこと。 今回は主に刀鍛冶の里や無限城で活躍する蜜璃の...
冨岡義勇(とみおか ぎゆう)

水柱・富岡義勇が柱稽古に背を向けたのはなぜか?理由や立ち直ったきっかけなどの経緯をご紹介します

禰豆子の太陽克服後に始まった柱稽古。 他の柱たちが意欲的に取り組む中、ただ一人前向きになれない義勇の姿がありました。 今回は、義勇が柱稽古に背を向けた理由や、どのように立ち直っていったかなども含めてご紹介していきたいと思います...
伊黒小芭内(いぐろ おばない)

蛇柱・伊黒小芭内の性格とは?登場シーンを追いながら考察します

口元を包帯で覆い、蛇と共に戦う剣士、蛇柱・伊黒小芭内。 話しかけにくい柱番付では、風柱・不死川実弥に次いで2位の小芭内(公式ファンブック・鬼殺隊見聞録より)。 作中、ネチネチと粘着質な印象の強い小芭内ですが、どのような性格をし...
嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

太陽を克服した禰豆子に伊之助が自分の名前を覚えさせた理由。伊之助の禰豆子への思い、真意とは?※

『猪突猛進!!』威勢のいい掛け声の二刀流の剣士、嘴平伊之助。 太陽を克服し、片言ながら言葉を発するようになった禰豆子にいつになく熱心に自分の名前を覚えさせていた伊之助のシーン。 今回は伊之助が禰豆子に熱心に名前を覚えさせたシー...
冨岡義勇(とみおか ぎゆう)

炎柱・煉獄杏寿郎と水柱・富岡義勇の関係~陰と陽のような二人の意外な接点とは?

太陽と月、火と水、相反する印象でもある炎柱・煉獄杏寿郎と水柱・富岡義勇。 柱同志、年も近い二人ですが、真逆な印象もあってか交流しているシーンもあまりありません。 今回はそんな二人に着目し、色々な角度から共通点や接点を探してみた...
時透無一郎(ときとう むいちろう)

霞柱・時透無一郎の性格~記憶を失いながらも変化していった様子を分析します

入隊して2か月で柱になった天才剣士、霞柱・時透無一郎。 作中、記憶障害を克服する前と後で、違った性格を見せる無一郎ですが、それはある人物が深く関係しています。 今回は、無一郎の性格を、記憶障害の時の性格、記憶を取り戻してからの...
煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)

無限列車編で炎柱・煉獄杏寿郎が食べていたお弁当について~お弁当の中身や背景などをご紹介します!

「鬼滅の刃」無限列車編において、炎柱・煉獄杏寿郎が口癖の「うまい!」を連呼し、弁当をパクつくシーン。 杏寿郎の登場シーンでもあり、強く印象に残っている方も多いと思います。 今回は、杏寿郎が食べていたお弁当について、その背景やお...
伊黒小芭内(いぐろ おばない)

蛇柱・伊黒小芭内の最後~相思相愛の恋柱・甘露寺蜜璃との死亡シーン

口元を包帯で覆い、鏑丸と名付けられた蛇と行動を共にする蛇柱・伊黒小芭内。 ネチネチとした性格が目立ちますが、最終決戦では、自分に敵を引き付け、仲間を守る勇姿が何度も見られます。 小芭内は決死の戦いの末、無惨との戦いで命を落とし...
嘴平伊之助(はしびら いのすけ)

【嘴平伊之助】の過去~育ての親・生みの親が繋いだ生い立ちについて

『猪突猛進!!』猪頭を被り、誰に対しても好戦的に勝負を挑む鬼殺隊・嘴平伊之助。 かなりの野生児の伊之助ですが、その生い立ちはとても壮絶で、奇跡の連続に繋がれ育まれました。 今回は、伊之助の育ての親・生みの親などを通して、生い立...
鬼殺隊・隊士

鬼滅隊士・神崎アオイと栗花落カナヲの関係~遊郭編のあのシーンのその後

任務から蝶屋敷に戻る炭治郎の耳に女性の悲鳴が聞こえてくる、遊郭編の始まりのシーン。 隊士の神崎アオイを左肩に、右腕には高田なほを抱え、現代社会で言えば、ハラスメントの極みのような状態で音柱・宇髄天元が登場! アオイは、傍にいた...
タイトルとURLをコピーしました