胡蝶しのぶの刀の色って何色?刀の構造や刀鍛冶の誰の作品か?

胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)

胡蝶しのぶは、刀を振る筋力が弱いため鬼の頸を斬れませんが、押す筋力、突く筋力はズバ抜けて強く、その威力は岩を貫通するほどです。

水の呼吸の雫波紋突きより速いようです。

突きと同時に毒を流し込み鬼を滅するしのぶの刀は、特殊な作りになっています。

刀全体がかなり細く鞘も毒を調合する特別なものであり、刀身の色は鋼色でやや紫色の部分があるようです。

この記事では、胡蝶しのぶの刀について詳しく解説していきたいと思います。

胡蝶しのぶの刀の構造

参照 https://www.meihaku.jp/

胡蝶しのぶの刀の形は独特であり刀全体が細くなっています。

切先と刀の根本の部分だけが本来の刀の形になっており大部分が鎬地(しのぎじ)~平地(ひらじ)だけの構造です。

非力な為鬼の頸が切れないしのぶに求められる力はスピードです。

水の呼吸で最速の雫波紋突きより速いとは・・・

だからこそ、刀の重さを軽量化するために刀身を細くしたのだと考えられます。

また、しのぶの刀は若い娘が大好きな刀匠・鉄地河原鉄珍作です。

刀鍛冶の里の長であり、里一番の技術者です。

胡蝶しのぶの刀の鍔

©吾峠呼世晴/集英社 コミック16巻

鍔は蝶の形をしており色は水色で橙色で縁取られいます。

また、柱の刀は特別に惡鬼滅殺と刀身に刻まれますが、しのぶの刀は細いため柄近くの鎬地と平地部分に2文字ずつ裏表に「惡鬼」「滅殺」と刻まれています。

胡蝶しのぶの刀の鞘

©吾峠呼世晴/集英社 コミック16巻

しのぶの場合、突き技+毒で鬼を滅します。

鞘に刀を収める際に特殊な音(キリキリ、バチンと鳴ってました)が出ていましたが、その時に毒を調合しているようです。

私の刀で一度に打ち込める毒の量は50ミリです

胡蝶しのぶの刀の色

胡蝶しのぶの日輪刀は鋼色です。

平地(ひらじ)は紫色に見えなくもないですが明らかになっていません。

日輪刀としてやや紫色に変化したのか?仕込んである毒の色では?という見解もあるようです。

鍔は蝶をイメージしたような意匠で、彫りも細かいです。

水色が丹色っぽい黄みがかった赤で縁取られています。

胡蝶しのぶの刀まとめ

胡蝶しのぶの刀は、刀身は細いが切先と刀身の根本の部分は通常の刀と同じ形をしています。

刀の色は鋼色で平地の部分は紫色となっており、鍔は蝶の形で色は水色で橙色で縁取られいます

また、刀鍛冶の里の長である鉄地河原鉄珍作でありました。

そーいえば、鬼滅の刃 DX日輪刀 ~胡蝶しのぶ~がバンダイより発売決定(発売予定日4月24日)し胡蝶しのぶの誕生日2月24日より予約がスタートしたようです。

劇中にでてくるセリフや効果音、全35種を収録しているようです。

対象年齢6歳以上ですので、お子さんのプレゼントにはいいかもです(^^)/

コメント

タイトルとURLをコピーしました