【鬼滅の刃】上弦の鬼の最期とは?最強の鬼たちは何を想って最期を迎えたのか※

十二鬼月

鬼舞辻無惨の直属の配下の中でも、最強と呼ぶにふさわしい力を持つ上弦の鬼たち。

その圧倒的な強さから柱でさえも上弦に勝つことは難しく、100年以上も顔ぶれが変わることはありませんでした。

しかし鬼殺隊の頑張りもあり、無限城の戦いをもって上弦全員が最期を迎えました。

そんな上弦の鬼たちですが、どのように最期を迎えたのかご存知でしょうか?

今回の記事では上弦の鬼たちの最期について詳しく解説していこうと思います!

上弦の鬼たちがどのような最期だったのか気になる人は、是非この記事を読んでみてくださいね。

上弦の鬼の最期とは

一気に上弦の鬼たちの最期について解説していきます!

補充され後任となった上弦の鬼たちの最期についても解説していきますね。

上弦の陸・堕姫(だき)と妓夫太郎(ぎゅうたろう)

©吾峠呼世晴/集英社 コミック10巻

鬼でありながら遊女のふりをして遊郭に潜伏していた堕姫と、堕姫がピンチになると現れる妓夫太郎。

兄妹である2人の首を同時に斬らないと倒すことができず、炭治郎、善逸、伊之助、宇髄が協力して何とか同時に首を斬る事ができました。

2人で一緒に地獄の道を進む

首を斬られた後、何もない暗闇に包まれた場所で妓夫太郎は立っており、しばらくすると人間姿の堕姫が現れます。

妓夫太郎が1人で暗い方へ進もうとすると、堕姫も妓夫太郎についていこうとしますが、妓夫太郎からついてくるなと激しく突き返され、反対の明るい方に行けと言われてしまいます。

しかし堕姫は言うことを聞かず、自分を置いていこうとする妓夫太郎の背中に飛びつきました。

離れない!!絶対離れないから ずっと一緒にいるんだから!!
何回生まれ変わってもアタシはお兄ちゃんの妹になる絶対に!!

©吾峠呼世晴/集英社 コミック11巻

離れないと堕姫が泣き叫び、妓夫太郎は人間だった頃にずっと一緒にいるという約束を交わしたことを思い出します。

約束を思い出した妓夫太郎は何も言わずに堕姫を背負い、2人は暗い方へ進み、業火の中へと消えていきました。

新上弦の陸・獪岳(かいがく)

©吾峠呼世晴/集英社 コミック17巻

元鬼殺隊であり善逸の兄弟子でもあった獪岳ですが、黒死牟と遭遇した際に生き残るために命乞いをし、鬼となりました。

上弦の陸がいなかったため、その実力を期待されたのかすぐに上弦の陸の座につきました。

無限城で善逸と戦うことになり、善逸に致命傷を負わせるも、首を刎ねられて死亡しました。

見下していた相手に敗北する

無限城で善逸と戦い、善逸が自分が編み出した型によって首を斬られた獪岳はその事実を受け入れることができませんでした。

首を斬られ自分も死ぬが、致命傷を負っている善逸も落下して助からないため自分の負けではないとしましたが、当然現れた愈史郎や他の鬼殺隊士によって善逸は救出されます。

消えていく中、愈史郎によって今までの自分の身勝手な言動を冷ややかに諭され、最後まで不満を抱えながら消滅していきました。

上弦の伍・玉壺(ぎょっこ)

©吾峠呼世晴/集英社 コミック12巻

人外の姿をした鬼で、死者の尊厳すら何とも思わずに踏みにじる非道な性格の玉壺。

無一郎を溺死寸前にまで追いつめましたが、痣を発現させたことをきっかけに形勢逆転し、真の姿となり攻撃を仕掛けるも無一郎には及ばずに首を斬られました。

最期まで自分の行いを正当化し続けた

生き物の使って芸術品を生み出していた自分を正当化し続け、首を斬られてからも自分が優れているということを叫び続けていました。

くそオオオ!!!あってはならぬことだ!!!
人間の分際で!!この玉壺様の頸をよくもォ!!悍ましい下等生物めが!!
貴様ら百人の命より私の方が価値がある選ばれし優れた生物なのだ
弱く!!生まれたらただ老いるだけの!!つまらぬくだらぬ命を私がこの手!!
神の手により高尚な作品にしてやったというのにこの下等な蛆虫共…

©吾峠呼世晴/集英社 コミック14巻

最期には無一郎に首をさらに細かく切り刻まれて消滅しました。

上弦の肆・半天狗(はんてんぐ)

©吾峠呼世晴/集英社 コミック12巻

常に怯えていて上弦の鬼とは思えませんが、本体の首を斬るまで分身を生み出し続けるという厄介な血鬼術を使う半天狗。

炭治郎と禰豆子、玄弥の3人を相手に圧倒的な力を見せましたが、恋柱・甘露寺蜜璃が参戦し、状況が変わり最後は炭治郎に首を斬られて消滅しました。

人間時代の最期にお奉行に言われた言葉を思い出す

人間だった時、半天狗は人の善意に付け込んで多くの罪を犯していました。

犯罪行為を暴かれてもなお、最後まで自分は被害者であると訴え続けました。

そして炭治郎に首を斬られるときに思い出したのは、人間時代の最期にお奉行に言われた言葉でした。

その薄汚い命をもって 罪を償う時が必ずくる

©吾峠呼世晴/集英社 コミック15巻

人間時代からの罪をようやく鬼殺隊によって裁かれたようにも見えますね。

新上弦の肆・鳴女(なきめ)

©吾峠呼世晴/集英社 コミック16巻

半天狗が抜け、上弦の肆となった鳴女ですが探知能力を得意とし、殺傷能力は高くないものの上弦の鬼としてふさわしい活躍でした。

無限城戦でも鬼殺隊士たちをバラバラにし、無惨の回復までの時間稼ぎを行ったものの、愈史郎に脳を乗っ取られてしまい、最期には無惨によって殺されてしまいました。

脳を乗っ取られてしまい、無惨によって殺される

利便性が高い血鬼術であったものの、愈史郎により鳴女は脳を乗っ取られてしまい無惨にとって不利な状況となってしまいます。

鳴女を取り戻すために一時は無惨も愈史郎へ攻撃を仕掛けますが、鬼殺隊に邪魔をされてしまいなかなか取り戻すことができませんでした。

無惨は助けることは無理だと判断し、これ以上自分にとって不利な状況にならないようにと鳴女の頭部を破裂させて殺害しました。

今まで無惨に尽くしてきた鳴女でさえ、自分が少しでも不利になると判断すると切り捨てる無惨…本当に自分以外のことは何とも思わないんですね。

上弦の参・猗窩座(あかざ)

©吾峠呼世晴/集英社 コミック17巻

敵であっても強者と認めれば相手を称賛する一方、弱者に対しては容赦なく殺そうとしてくる性格の猗窩座。

無限城戦では首の弱点を克服するも、人間だった頃のことを思い出し自らに攻撃を繰り出し死亡しました。

人間の頃の記憶を取り戻し、自ら死を選ぶ

人間だった頃の記憶を取り戻し、自分が嫌っていた弱者は自分自身であったことを思い出して自分自身に対して攻撃を仕掛けました。

しかし体は再生していき、無惨からの言葉をきっかけにもう一度猗窩座として戦おうとします。

その時に目の前に自分が一生守ると決め、妻となるはずだった恋雪が現れました。

狛治さんありがとう もう充分です もういいの もういいのよ

©吾峠呼世晴/集英社 コミック18巻

最愛の人の言葉を聞き、猗窩座は人間だった頃の姿を取り戻し、自滅の道を選びました。

上弦の弐・童磨(どうま)

©吾峠呼世晴/集英社 コミック17巻

表向きは好青年であり宗教の教祖として人間社会に溶け込んでいますが、実は感情が無く周りからそのころを悟られないように振舞っている童磨。

蟲柱・胡蝶しのぶによって大量の毒を吸収してしまい、毒が周り始め弱体化した際にカナヲと伊之助によって首を斬られ消滅しました。

生まれて初めて感情が芽生える

首を斬られ生首の状態になった童磨の前に現れたのは、童磨が殺したはずのしのぶでした。

仲間への想いを語ったしのぶを見て、童磨は今まで自分が感じたことのない思いが芽生えます。

今はもう無い心臓が脈打つような気さえする
これが恋というやつかなぁ 可愛いねしのぶちゃん

©吾峠呼世晴/集英社 コミック19巻

初めての感情を恋と表現し、しのぶを地獄へと誘いますがしのぶからの答えはもちろんNO。

そして童磨は完全に消滅し、1人で地獄へ行くことになったのです。

上弦の壱・黒死牟(こくしぼう)

©吾峠呼世晴/集英社 コミック19巻

玉壺を1人で討伐した無一郎でさえ、恐怖で震えるほどの強烈な威圧感がある黒死牟。

柱を含む隊士4名から猛攻を受けても驚異の回復能力を見せますが、自身の変わり果てた姿に愕然とし、その後無一郎に受けた攻撃が致命傷となり消滅しました。

自分が本当になりたかったものを思い出す

弟の縁壱を超える力を手に入れるため、鬼となった黒死牟。

首を斬られるも体を再生することに成功しましたが、再生した姿は醜い姿へと変わっていました。

その姿を見た黒死牟は、子供のころに自分がなりたかったものを縁壱と話していたことを思い出します。

兄上の夢はこの国で一番強い侍になることですか?
俺も兄上のようになりたいです
俺はこの国で二番目に強い侍になります

©吾峠呼世晴/集英社 コミック20巻

自分がなりたかったのは、醜い怪物ではなく強い侍、つまり縁壱になりたかったということを最期に知りました。

自分の望みを知った黒死牟の体は再生が追い付かなくなり、柱たちの攻撃に耐えられなくなり消滅しました。

まとめ

©吾峠呼世晴/集英社 コミック12巻

上弦の鬼たちの最期を解説しました、他の鬼たちと違い、救いがない最期が多かったですね…。

他の鬼と比べ、多くの人たちを殺してしまったからかもしれません。

ここまでお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました